今日から始める!FF14新生エオルゼア!

FF14をこれから始める方と初心者さんのためのブログです!

【FF14】初めてのダンジョン攻略心得「サスタシャ浸食洞」出発前の予習もコレでOK

『今日から始める!ファイナルファンタジー14新生エオルゼア!第20話』

f:id:Ange14:20180308114121j:plain

こんにちは♪Akiです。

さて、昨日はマクロの基礎をお話ししました。いかがでしたか??

今日は、いよいよダンジョン攻略を始めていきましょう。多分、そろそろ到達している方もいらっしゃることでしょう。

普通の攻略記事は無数にあるので、ここではいつも通り、完全に初めての人でも安心して初ダンジョンをクリアしてこられるよう、単純な攻略にとどまらず、どこよりも丁寧にいきますね!

初めての方にはDPSをオススメしておりましたが、しばらくはタンク目線での攻略もつけておきますね♪

update

 最終更新日:2018/09/11

  • 新設の初心者向け戦闘ガイドカテゴリに追加。


全体の流れを掴んでおこう

  1. サスタシャ浸食洞の解放(レベル15以上)
  2. パーティを組む(2人以上で行く場合)
  3. 参加申請&突入
  4. 挨拶&プロテス(ヒーラーのみ)
  5. メモの「色」確認(主にヒーラー)
  6. サンゴの仕掛け解除
  7. 鍵が出たら拾いつつ進行
  8. 「怪しい水面」を調べつつボス攻略
  9. 挨拶して終わり!

 


申請の前の確認事項

チャットの確認

パーティチャットで発言出来るように切り替えておきましょう!

チャット切り替えショートカットや挨拶の辞書登録などを事前にしておくと便利です。

詳細は過去の記事を参照ください♪ 

チャットの切り替え方や種類など↓

 

 

その他事前にしておくといい初期設定など↓

 

プレステの辞書登録など↓

 

 

ビギナー装備一式の入手

初心者の館の訓練でもらえるビギナー装備は、見た目も性能も非常に優秀なので、この段階で入手しておきましょう!これが無い頃は装備集めにダンジョンに通っていたものです。また、取得経験値が激増する指輪ももらえるので、訓練は最後まで受けるのがオススメです。

 

宝箱のロットルール

ダンジョンでの宝箱からは装備などが出ます。これは「ロット」というシステムによって分配されます。基本は「GREED」「PASS」の二種類から選びます。「欲しい」か「要らない」かのどちらかです。「欲しい」人同士でランダムな数字を自動で出し合うことになり、大きい数字だった人がアイテムを入手出来ます。

出現した装備が自分のジョブ(クラス)にマッチしているものや、装備品ではない場合「NEED」が選択可能になります。これは「GREED」よりも優位ですが、「NEED」が複数いた場合はやはりランダムの数字で決定されます。

例えば、タンク、ヒーラー、ファイター、ソーサラーの組み合わせでファイター装備が出て、ファイターが「NEED」を選べば確定です。しかしソーサラー装備だった場合は、ヒーラーとソーサラー両者にNEED権があるため、ロット勝負になる可能性があります。

では、どれを選べばいいのか??ビギナーのうちは特に、積極的に「NEED」を選択しましょう。遠慮することには結局あまり意味がありません。上級者がパーティメンバーだった場合、序盤ダンジョンの装備を欲しがるケースはほぼありませんので、遠慮しているとその装備を誰も手に入れずに捨てることにもなりかねません。遠慮して「PASS」したところで、恐らく誰もその奥ゆかしさには気が付いてくれません……。

「ビギナー装備が優秀だったら、しばらくダンジョンの装備は要らないんじゃ?」と思った方はご名答、今のバージョンではその通りです。しかし、ダンジョンで入手できる装備は後々「軍票」というものに交換出来ます。序盤は特にこの軍票が多く必要なので、今の内から集めておきましょう!

 

MIP推薦とは

ダンジョン攻略の最後に出現します。説明が出るので読めばわかりますが、実情を把握しておきましょう。

これは、「あなたと一緒にやれてよかったよ!」「あなたのお陰で助かったよ!」などの意味を持ちます。一緒にパーティを組んで突入したメンバー以外の誰か1人に投票することが出来ます。

投票する側もされる側も多かれ少なかれ報酬があるので、投票自体は積極的にしていきましょう。何より、投票をもらうと嬉しいものです。

ただし、慣れてる人はそっこうで退出しちゃうのでゆっくり考えてる時間はないのと、いい思いをしなかったのに無理に誰かに投票する必要は無いということだけは覚えておきます。誰が誰に投票して、誰が投票してない、なんてことはわからないようになっていますから大丈夫です。単純に感謝の気持ちを伝えるツールとして活用しましょう。

タンクやヒーラーが推薦を多く受ける傾向にあります。短時間でパッと投票しますから、あまりこだわりがなければとりあえずタンクやヒーラーに、というのが集まりやすい理由です。逆にDPSへの投票はそれなりに理由がなければしないので、DPSでもらうとちょっと嬉しいですね。

何はともあれ、考えすぎる必要は全然ありません。なんとなーくでOKです。

 


参加申請と突入

1人ならそのまま申請し、友達や家族と一緒に行くなら先にパーティを組んでから、パーティリーダー(勧誘した側)が申請します。

お馴染みのメインコマンドから申請します。「コンテンツ情報」の「コンテンツファインダー」を選びましょう。

f:id:Ange14:20180308124215j:plain

サスタシャ浸食洞にチェックをつけて一番下の「参加」。「△ボタン」でも参加出来ます。

f:id:Ange14:20180308124254j:plain

メンバーが揃うまでの間はしばらくまちです。

目安となる平均時間は画面右の方に、集まっている人数とともに表示されています。が、時間は概して当てになりません。現在は積極的にサーバーを跨いで集まるので、比較的待ち時間は少ない傾向です。多分この辺りなら10分もかからないはず……。

集まると「シャキーーン!」と驚かせられます。以下のウィンドウが出てきますので、「突入」しましょう。待ち時間を利用してクラフター稼業などに励んでいた人は、申請時のジョブに着替えてから!

保留に関しては表示されている秒数まで可能です。画像で言うとあと39秒です。

f:id:Ange14:20180308124510j:plain

揃ったけど、用事があって手が離せない……。そんな時は「辞退」ですが、すでにどこかで誰かも待っていて、揃って「さぁ、行くぞ」という状態からの辞退者ということになります。他の人は再度メンバー集めからになってしまうので、可能な限り「辞退」は避けましょう!

f:id:Ange14:20180308125253j:plain

辞退を繰り返すと、上記にあるようなペナルティが発生しますので、そういう意味でも気をつけましょう!この「一定時間」は変わっていなければ確か30分間だったと思います。

いよいよ初ダンジョンに突入です!最初のカットシーンはスキップするかどうするか……。それは以前のお話でも取り上げましたが、初見であれば鑑賞すればOKです。他の人を待たせるのが気になる人は、後で宿屋で鑑賞できます!詳細は過去記事で。

 

f:id:Ange14:20180308125447j:plain

ここから先はロールで分かれて解説していきます!

 


サスタシャ攻略・DPS&ヒーラー編

序盤

まずは挨拶ですが、ヒーラーはあれば「プロテス」を掛けましょう。タンクさんは通常プロテス待ちを最初にしています。ついでに両者とも、「ご飯」も食べておきましょう。ビギナーのうちはパラメーターというより、経験値がアップする効果を狙っています。同効果は全ご飯共通なので、ほんとになんでもいいです。ビギナーのうちは「ミネラルウォーター」とかそんなのでもOKです。戦闘方法についてはここでは解説しませんが、以前の各ロールの心得を一度読んでから進めてみてください。

 ちなみに、道中はタンクさんより前に出ないようにします。タンクの進行がスムーズではない場合にどんどん先に行こうとする人もいますが、これはあまり良いことではありません。全年齢対象のゲームですからそういう光景も目にするかと思いますが、大人な皆さんは各々の役割を理解し、慣れていないビギナーに対して寛容であることを心がけてください。とにかく早く一度も立ち止まらずに攻略したいという場合は、進行を担うタンク役で突入しましょう。その場合も、もし双葉マークの人が居たら、なるべく配慮をしてあげてくださいね!

少し進んで最初の曲がり角。進行方向は右ですが、左の奥に何かあります。これは後々ギミック解除に必要な情報なので、確認しておきます。

f:id:Ange14:20180308130237j:plain

ここで、一番手が空いてるのがヒーラーなので、戦闘が最後の一匹くらいになったらさっとヒーラーが確認に行って、チャットで色をみんなに教えるのがいいと思います。

ヒーラーだって忙しいんだと思い始めた頃には要注意です。攻撃はアタッカーの役目で、引きつけはタンクの役目で、どちらも戦闘が続いている限り休み時間はありません。しかし、回復には余裕があるタイミングが結構あります。そこで攻撃もするわけですが、あくまでこれはサブ的な役割。他にギミック処理がある場合は本業である回復の合間でこなしておきましょう。以降、鍵を拾ったりすることもありますが、戦闘終了後にはすでにそういう煩わしいことは処理してある、くらいだとスマートですね!ヒーラーには視野を広く保つことがいずれ求められます。今の内から臨機応変な動きを心がけましょう。

DPSは、今の内から、いかにダメージ効率を高めるかを意識しながら進めましょう。

細かい話になってしまいましたが、どちらもいきなり上手くできる必要は全然ありません。ビギナーのうちは「心がけ」で十分ですし、更にサスタシャあたりでは「心がけの練習」程度で十分です。

メモは「赤」でした。

f:id:Ange14:20180308131812j:plain

しばらく進むと、3色のサンゴが。ここで「赤」を思い出します。

f:id:Ange14:20180308131843j:plain

赤い珊瑚をターゲットして調べると、スイッチが。これをポチッと。

ちなみにここは戦闘中ではないので、ロールにこだわらず積極的にやってみましょう。

f:id:Ange14:20180308131956j:plain

すると奥にもう一度スイッチらしきものが。これを調べるとモンスターが出現します。事前に噂のあったクァールですね!

f:id:Ange14:20180308132201j:plain

そしてここで初めての宝箱!ロットの話を思い出しつつ、選択できれば「NEED」しましょう。

f:id:Ange14:20180308132319j:plain

 

中盤

続けて中ボス的な戦闘があります。

f:id:Ange14:20180308132413j:plain

中央がボスで、サイドが雑魚。

基本タンクさんと同じ敵を攻撃するという話をしましたが、「基本」という限り「例外」があります。例外は、ボスの他に雑魚がいる場合。DPSは雑魚を優先的に倒すのが一般的に多い攻略です。火力が圧倒的に高い場合は、雑魚を無視してボスに集中して倒すケースもありますが、それは今は知識程度でOKです。ここの場合、ボスを倒しても雑魚は残留するので、どちらにせよ殲滅します。

DPSは雑魚を先に倒してしまいましょう。

ヒーラーは、雑魚のターゲットがDPSに向く可能性もあるので、DPSのHPにも気を配りましょう。左のパーティリストを事前に見易いサイズや位置にしておくといいかもしれません。

その先で雑魚が落とす鍵。拾っていきます。

f:id:Ange14:20180308133039j:plain

さらにここでも鍵。カーソルの位置に鍵があるということは……、この人どこに鍵隠してるの!!??まさぐって拾うの嫌ですねぇ。大事なものは落とさない所にしまうのよって、お母さんにしっかりと教育されて育ったのでしょう。さぁ、ヒーラーさん、拾って拾って??

f:id:Ange14:20180308133126j:plain

この後、再び船長との対決となります。今度は後半に増援が来ます。初心者の館で受けた訓練を思い出しつつ攻略しましょう。ここでは、DPSに加え、ヒーラーにもターゲットが非常に来やすい状況になります。敵自体は弱いので全滅することはありませんが、練習だと思って自分の立ち回りを考えておきましょう。

DPSであれば、追加の雑魚も素早く殲滅。なのですが、少し視野を広くするとヒーラーに群がる雑魚に気がついたりします。ここでは敵が弱いので大丈夫ですが、本来非常に危険な状態なので、ヒーラーの雑魚を優先的に引き剥がしましょう。自分が持ちこたえられそうになかったとしても、です。ヒーラー未経験だと、回復し続ければ大丈夫かと思うかもしれませんが、回復すればするほど雑魚を引きつけてしまい、MPも枯渇して来ます。あるいは一撃のダメージが大きすぎると、回復魔法の詠唱が出来なくなり、回復そのものが出来なくなります。そのままヒーラーが落ちれば、次に狙われるのはDPS。即効溶けて、回復の来ないタンクさんがじわじわと終焉に向かいます。本来やばそうなシーンでは雑魚もタンクさんが引きつけてくれますが、タンクさんにだってビギナーは居るんですから、周りのせいにばっかりは出来ませんね!

ヒーラーであれば、増援が出現した時点で回復を一瞬控えるのも手です。継続回復に関しては増援出現以前に控えておく必要が出て来ます。その一瞬控えている間にタンクさんが雑魚のターゲットをまとめて回収してくれます。しかし継続的に回復していると、真っ先に全ての増援がヒーラーに向かって来ます。タンクさんがターゲットを回収するにしても、数が多ければ漏れも出る可能性があり、それがヒーラーに向かうとなればDPSが一旦でも回収しなければ危険な状態になります。タンクさんがターゲットを回収するタイミングを一瞬待って、回収し切ったら一気に回復出来るようにケアルラなどの上位魔法を準備しておけば安心です。が、これらはあくまで心がけ、立ち回りのアイデアです。実際の所サスタシャではケアルラは使えませんし、雑魚がヒーラーに群がっても何とかなるのでタンクさんも回収しない場合も多いです。それに、初めてのダンジョンで敵のターゲット対象まで見られる余裕もあれば大したものですが、実際は無理なので、とりあえず自分を含めたメンバーのHPをゼロにしないように回復することだけに集中しましょう!2回目、3回目以降の攻略で、少しずつ慣れていってください。

 

終盤

いよいよボス戦です。

奥にボスが居て、周囲に4つの「怪しい水面」という怪しいものがあります。画像では見えませんが、一番奥にもあります。

f:id:Ange14:20180308135735j:plain

戦闘が始まると、一定時間ごとに(実際のトリガーはボスのHP)この水面が泡立って来ます。放っておくと雑魚が湧いてくるので、調べて解除しましょう。

f:id:Ange14:20180308140157j:plain

この最中に攻撃を受けると中断されてしまうため、常にボスからの攻撃を受けているタンクさんは解除に参加しないことがほとんどです。ヒーラーとDPSで解除しましょう。例えば近接DPSが上の画像の位置、奥を遠隔DPS、写っていない2箇所をヒーラーのようになんとなく分担するとやりやすいと思います。事前に相談して分担するほどのことではありません。出てしまったらサクッと倒しましょう。

f:id:Ange14:20180308140525j:plain

ボスを倒したら、挨拶して、MIP推薦をして、宝箱のロットをしたら終了です。脱出地点から外に出ましょう。この時、2人以上で来ている場合、戻って残して来た雑魚を倒したり、宝箱を回収したりすることも可能です。1人だと倒すのは恐らくきついです。雑魚をわざわざ倒す理由は、外のフィールドの敵に比べ、ダンジョンの敵を倒して得られる経験値が圧倒的に多いからです。SS撮影にうろうろするのもありですね!

お疲れ様でした!!

 


サスタシャ攻略・タンク編

来ましたタンク編!ルートに重きをおいて解説します。

序盤

まずは挨拶して、ヒーラーさんのプロテスを合図に攻略を開始します。もちろん先頭を歩きましょう。戦闘の仕方は過去の記事を参照してください。現段階では、敵のターゲットを自分に集めることだけに注力しましょう。DPSやヒーラーが攻撃されても、サスタシャくらいでは大丈夫ですが、後の方のダンジョンでは、DPSやヒーラーは攻撃されると一瞬で落ちます。特にヒーラーが落ちると、DPSが落ち、殲滅も出来ず回復が来ない状態では自分もじわじわと……。ヒーラーは未経験だと思いますのでヒーラーは、「回復すればするほどターゲットを集めてしまう」「連続で回復し続けると結構すぐMPが枯渇する」「一撃のダメージが大きいと回復魔法の詠唱すら出来ない」ということを覚えておきましょう。

まずはルートの目安です。一般的ではありませんが、初めての攻略に私がお勧めするのは「左の壁に沿って進むこと」です。

f:id:Ange14:20180308142556p:plain

慣れるまではタンクは緊張すると思いますので、なるべくシンプルに最初は覚えましょう。

下は最初の曲がり角左の壁に沿って行くと、ここにも入ることになりますが、ここは行き止まりで、メモに書いてある色が確認出来ればOKです。ヒーラーさんが行ってくれないようだったら、戦闘終了後に見に行って、再び左の壁伝いに進みましょう。今回は「赤」でした。 

f:id:Ange14:20180308141633j:plain

ごちゃごちゃと敵がいる場所が結構あります。倒さなくてもいい敵を避けるためには、ここでも「左の壁伝い」です。そうすれば奥に見えるシーカーの集団などとは戦闘しなくて済みます。もしパーティの誰かが引っ掛けてしまったら、さっと戻って戦闘しましょう。

f:id:Ange14:20180308142919j:plain

この後も、道がわかりにくい部分が登場します。どこが本線なのか見失いがちですが、左の壁に沿って進みましょう。そうすれば最低限の戦闘でスムーズに進めます。

f:id:Ange14:20180308143240j:plain

上記のような紫色の線が書いてある場所に来ました。これはボス戦があるよ、という合図です。戦闘が始まると、このラインが封鎖されます。ということは遅れている人がいるまま戦闘を開始すれば、その人は締め出されてしまいます。遅れるのが悪いという考え方もありますが、この締め出しはタンク次第で回避できるものです。慣れてくると遅れる人にイラつくこともあるかもしれませんが、初心を忘れずに、このラインがある場所では一旦立ち止まって、メンバーが全員揃っているかを確認するくらいの余裕を持てるようにしましょう。とはいえ不慣れな人同士が一緒になればトラブルは付き物ですので、締め出しちゃったら、ごめんねと謝っておきましょう。

f:id:Ange14:20180308131956j:plain
先ほどの「赤」のメモを思い出して、赤の珊瑚と続けて出現するスイッチを操作します。すると初のボス戦に突入します。戦闘中は基本的にモンスターの頭を進行方向に向けて固定します。理由は、前方範囲攻撃があった場合にパーティを巻き込まないためと、方向指定アクションを使うDPSが火力を出しやすいようにです。範囲攻撃後元の位置にどれくらいのタイミングで戻れば、モンスターの向きがクルクル動かないのかをいずれ掴めるようにしましょう。

f:id:Ange14:20180220102842j:plain

 

中盤

続けてボス戦です。今回は3体います。複数の敵のターゲットを維持しつつボスを倒す練習ですね!

f:id:Ange14:20180308132413j:plain

基本は真ん中のマディソン船長のターゲットを維持します。周りの2人をDPSが攻撃し、ターゲットが移りそうになったら、フラッシュなどで固定しておきましょう。サスタシャではそのままでも問題ありませんが、敵視管理の練習だと思ってください。

 

さて、一度地図を確認しておきましょう。ここまで左の壁に沿って来ましたが、ここだけちょっと悩むかもしれないので解説しておきます。この先文字通り壁伝いに進むと回り込んで一旦戻るような形になっていますね。ここだけは無視して、正面の船長室に向かいます。その後は引き続き、左へ左へです。

f:id:Ange14:20180308145411j:plain

この後もう一度先ほどのマディソン船長と戦うことになりますが、今度は途中増援があります。増援の処理については、初心者の館での訓練を思い出しましょう。増援がバラけたりヒーラーさんに群がる前に、ボスを引き連れたまま増援の出現ポイントまで移動してしまって、出て来たらすぐ回収するというのも一つの手です。実際そこまで丁寧にやるタンクさんはほとんどいませんが、練習だと思って臨機応変に立ち回りを考えましょう。今回のサスタシャ浸食洞に関しては、無理に回収しなくても雑魚が弱めなので大丈夫なケースがほとんどです。全滅の危険はないでしょう。回収するもしないもタンク次第です。 

 

終盤

最後の広い空間。ここも左の壁に沿っていけば余計な戦闘は避けられます。が、入り口にいる3体は多分誰かしら引っ掛けてしまうので、大人しく最初から倒してしまいましょう。それから再び左の壁伝いに進み、二つの集団を順番に倒します。

敵を一体ターゲットすると、他の敵と黄色い線で繋がれているのに気がつきますか?これは「リンク」と呼ばれ、どれかを攻撃すれば、みんな揃って攻撃してくるということです。基本的にはこの1集団毎に順番に倒して行きます。複数集団をまとめる場合もありますが、序盤ダンジョンでは一般的ではありません。今は必ず1集団ずつ殲滅するようにしてください。

いずれ一般的に「おまとめ」するようなダンジョン(レベル50などなど)に行くようになった時に、みんな普通まとめるから、と単純な発想でまとめるは危険です。許容量はヒーラーさん次第でもあり、もっと言えば自分の装備とバフ回し次第でもあります。もし実際まとめて全滅してしまった際には、ヒーラーさんの力量よりも、まず自分の装備とバフ回しを見直しましょう。それが十分であった場合でもヒーラーさんを責める気持ちになるのは正しい判断ではありません。パーティの力量を図ってまとめる量を考えるのもタンクの役目ですから、それはタンクのミスと考えましょう。まとめすぎたことを謝って、3つまとめだったなら、2つや1つに減らすとスムーズです。タンクはパーティのムードを左右しますから、ぜひぜひ思いやりを持ってくださいね!だって、みんな楽しみたくてやってるんですから!

f:id:Ange14:20180308150044j:plain

さてさて、ここを過ぎたらいよいよ最後のボス戦です。

f:id:Ange14:20180308135735j:plain

戦闘位置は、ボスの初期位置辺りでOKです。もし微調整するなら、「怪しい水面」の処理をするメンバーの動きに合わせて調整してみてください。向きは奥に向けましょう。

ここまで来たら、実はタンクは一番楽です。ギミック処理は他の人がやってくれるので、ボスのターゲットを維持しつつ何となく攻撃していればOK!

もしも、何か練習意識を持ちたい場合は、バフをリキャスト毎に使うスタイルから、攻撃のタイミングに合わせて使うイメージを持つことです。今は攻撃の種類も少なく、全く必要ないですが、高難度を攻略するようになるにつれて必要になります。タンクは◯秒間ダメージを◯%カットのようなバフアクションが豊富です。これは基本的にリキャスト毎に使えばいいのですが、使うタイミングを意識してみましょう。目安はダメージが多い時です。例えば、4体、4体と順に戦闘するときに、先のグループの最後の一体の時に再使用出来るようになったとします。すぐ使ってもいいですが、次の4体との開幕で使った方が軽減できるダメージの絶対量は多くなりますよね??そんなイメージです。いずれ、ボスの「攻撃の種類」が重要になってくることもあります。避けることは出来ないけど大ダメージを受けるような攻撃です。これを食らう直前に合わせてダメージ軽減バフを使います。「バフ合わせ」と呼ばれるものですので、今はとりあえず言葉だけ覚えておきましょう。

f:id:Ange14:20180308140525j:plain

戦闘が終わったら終了です!お疲れ様でした!後は挨拶して、MIP推薦とロット。最後に退出地点から外に出れば完了♪

 

サスタシャ浸食洞の攻略と、初めてのダンジョンでの心得をお話しました。

いかがでしたか?実際サスタシャくらいはまだまだ予習なしでも大丈夫なくらいですから、全部理解出来なくても大丈夫です!気軽に楽しんで来てくださいね!

 

この先のダンジョンの攻略情報は、以下のダンジョン攻略のカテゴリページからご覧ください♪

www.mandra-queen.com

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.