今日から始める!FF14新生エオルゼア!

FF14をこれから始める方と初心者さんのためのブログです!

【FF14】リミットブレイクって何?いつ使えばいい?

『今日から始める!ファイナルファンタジー14新生エオルゼア!第28話』

f:id:Ange14:20180316191055j:plain

こんにちは〜。

前回はカッパーベル銅山攻略を動画でお伝えしました。サスタシャに引き続きメインクエストで訪れる場所なので、行く前にはぜひ簡単に予習をしてみてくださいね♪

今日は、リミットブレイクのお話しです。ダンジョンに出かけるようになってくると、必要になってきますので、そろそろ使えるようにしておきましょう。


目次


リミットブレイクって何?

f:id:Ange14:20180316191135j:plain

リミットブレイクは「必殺技」といって良いと思います。

また、プレイ中は普通略して「LB」と表記されますので、覚えておきましょう!

 タンク、ヒーラー、近接DPS、遠隔物理DPS、遠隔魔法DPSそれぞれで用途や使い方が違います。自分のロールでの使い方を把握しておきましょう♪

使用するためには、LBゲージというものを消費します。これは4人以上のパーティでダンジョンを攻略していると徐々に溜まっていくゲージで、同じゲージを全員で共有しています。

4人パーティでは1段階ですが、8人パーティだとゲージは3段階まであり、威力も上昇します。各段階毎に「LB1」「LB2」「LB3」と呼ばれており、例えば「竜さんLB3即撃ちでお願いします」などと言われたら、竜騎士のプレイヤーに対し、LBゲージが3段階目になるまで待って、溜まったらボスにすぐ使ってください。というように理解します。実際はエンドコンテンツなどの高難度以外でこのような指示は改めてありませんが、言葉の意味は覚えておきます。

LB1、LB2はロール固有のエフェクトですが、LB3になるとジョブ固有のものになります。かなり、ド派手です!!

4人パーティでのLBゲージ

f:id:Ange14:20180316191351j:plain

8人パーティでのLBゲージ

f:id:Ange14:20180316191427j:plain

 


誰が、いつ使えばいいの?

f:id:Ange14:20180301184651p:plainf:id:Ange14:20180301184628p:plainf:id:Ange14:20180301184552p:plain

ビギナーのうちは特殊な場合を除き、DPSがボスに使うもの、と認識しておけばOKです。 また、単体のボス戦であれば、優先度は遠隔DPS<近接DPSとなりますので、近接DPSの方は特に使う機会が多いものです。

タイミングは、ボス戦でLBゲージが溜まっていたらいつでもOKです。

4人戦のLBはLB1までしかありませんので、それ以上たまりません。ケチケチせずに気軽に使ってしまいましょう。

最後のボス戦でなくとも中間的なボスで使ってもOKです。カッパーベル銅山のゼリー8体のような場合は、遠隔DPSがLBを使って一瞬で終わらせるような使い方も出来ます。

慣れないダンジョンでビギナーのうちは、そもそもどういう場面が有効かはわかりませんので、普通に最後のボスで使えばOKです。 

レベル50未満のダンジョンで、タンクやヒーラーがリミットブレイクを使うことは基本ありません。タンクやヒーラーの方はしばらく我慢ですねぇ。もう少しこの後詳しくお話しします。

 


具体的な効果は?

f:id:Ange14:20180316191805j:plain

公式説明はこんな感じになります。「全員に付与」とか「全員を回復」という表現が現場ではしばしば使われますが、上記の説明画像からわかるとおり、実際は具体的に範囲が決まっています。この点にはリミットブレイクに限らず留意しましょう。

 

近接DPS

f:id:Ange14:20180221131510p:plainf:id:Ange14:20180221131521p:plainf:id:Ange14:20180221131613p:plainf:id:Ange14:20180221131651p:plain
f:id:Ange14:20180221131823p:plain

敵単体に対し、特大のダメージを与えます。

もっとも使用頻度が高く、リミットブレイクといえば近接です。

LBのレベルが上がるにつれ、与ダメージも上昇します。

 

遠隔物理DPS

f:id:Ange14:20180221131528p:plainf:id:Ange14:20180221131642p:plain

f:id:Ange14:20180221131840p:plain

前方直線範囲で攻撃し、ダメージを与えます。

近接がいなかったり、敵が複数の場合は遠隔が撃っていきます。

やはりLBレベルが上がる毎に攻撃力が上がります。

 

遠隔魔法DPS

f:id:Ange14:20180221131539p:plainf:id:Ange14:20180221131600p:plainf:id:Ange14:20180221131700p:plain

f:id:Ange14:20180221131858p:plain

任意指定の円範囲攻撃で大ダメージを与えます。

ビギナーのうちは近接にお任せなことが多いですが、遠隔魔法のLBは高難度になってくるとテクニカルな使い方を要求される場面もあります。「こことここの敵集団を、このタイミングでまとめて殲滅する」というような場面では独壇場です。とはいえ、そんなのはエンドコンテンツまでほぼありません。気楽にいきましょう。

ターゲットして実行するだけの近接と比べ、範囲を指定する作業が入ります。感覚をつかむためにも、一応時々はLBを使ってみましょう。

 

タンク

f:id:Ange14:20180221131301p:plainf:id:Ange14:20180221131434p:plainf:id:Ange14:20180221131622p:plain

f:id:Ange14:20180221131719p:plain

パーティ全員の被ダメージを一定時間軽減します。

タンクのLBが必要になる機会はほぼありません。高難度になってきてギミック処理を失敗した時の防衛手段としては無しではありません。超高難度では、特定のタイミングでタンクがLB3を使わないと全滅するものも存在します。

 

ヒーラー

f:id:Ange14:20180221131448p:plainf:id:Ange14:20180221131502p:plainf:id:Ange14:20180221131631p:plain

f:id:Ange14:20180221132011p:plain

パーティ全員のHPを回復します。LB3では蘇生(衰弱無し)や、衰弱解除の効果もあり、LBレベルが上がる毎に回復量も増えます。

比較的難易度の高い戦闘での救済処置的に使う場面があります。慣れない人が多く、ギミック処理がうまく出来ずクリアが困難な場合はヒーラーがLBを使用することも検討します。DPSも、上記のような危険な状況を察知したら、いざという時のための回復用にリミットブレイクゲージは温存しておくのも有りです。

パーティ次第ではありますが、一番使用頻度が少ないのがヒーラーLBです。全滅必至の危険な場面では活躍しそうですが、本当にやばくなった時に生存しているのは、実はタンクさんだけだったりしますから……。

ほぼ全滅状態からヒーラーLB3で全員蘇生したら立て直せるかというと、実はこれは困難です。なぜなら全滅するような複雑なギミックがある場面で、急にみんなが蘇生してもギミック処理が出来ず、結局次のギミックで全滅というのが多いパターンです。LB3で立て直せるだけのギミック理解度と経験があるパーティなら、残念ながらLB3が必要な状況にはなりません。

 


どうやって使うの?

画面上多分左上に出ているのがリミットブレイクゲージです。

f:id:Ange14:20180316191351j:plain

これが溜まっていれば、使用可能です。

ダンジョン突入前にホットバーに登録しておきましょう。

f:id:Ange14:20180316191549j:plain

流石にもうお馴染みですよね??メインコマンドのマイキャラクターから、アクションリストを選択します。

 

f:id:Ange14:20180316191637j:plain

Generalのカテゴリーにリミットブレイクが入っています。これを「□ボタン」のサブメニューからクロスホットバーの好きな場所に入れておきましょう。

 

f:id:Ange14:20180316192023j:plain

LBは実行しても、結構長いタメ時間が必要になります。この間に動くとキャンセルになってしまうので、気をつけましょう。敵の範囲攻撃などにも注意です。

 

以上、リミットブレイクの使い方でした!

ダンジョン活動には避けては通れませんので、今の内から練習しておきましょう!

 

今日も読んでいただきありがとうございました!それでは、また〜♪

 


戦闘に関する基礎的な勉強は以下の記事で出来ます♪ 

たまには息抜きにネタ系のお話しなどはいかがでしょうか。

www.mandra-queen.com

 


 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.