今日から始める!FF14新生エオルゼア!

FF14をこれから始める方と初心者さんのためのブログです!

【FF14】知っておくと会話がスムーズ!エオルゼアやオンラインゲームで使われる言葉!略語編!

『今日から始める!ファイナルファンタジー14新生エオルゼア!第31話』

f:id:Ange14:20180308235709j:plain

こんにちは!

昨日はFF14をやる上で必須なアルファベット系の略語をご紹介しました。

本日は前回の略語と比べれば優先度は落ちるものの、知っておくと会話がスムーズに進められる略語をご紹介します♪

FF14やオンラインゲームに慣れない方は、ぜひチェックしておいてくださいね!


目次


役に立つアルファベット系略語辞典!

f:id:Ange14:20180226183056g:plain

GC(Grand Company)

グランドカンパニーのこと。ラカンと呼ぶ人もいる。用語自体は一旦出てくれば何度も本編で出てくるので、よくある略し方だけ覚えておけば会話には支障がない。

ET(Eorzea Time)

80年代に公開された、地球外生命体と少年の交流を描いた伝説的な映画のことではなく、エオルゼア独自の時間のこと。実時間1時間が、ETでは丸一日に当たる。ギャザラーなどで必要になることが多い他、自分であちこち観光する際に、星が見たかったり、夕日が見たかったりするときにチェックしておくと安心。キャラクターコンフィグから、画面上の右上などに常時表示も可能なので、試して見て欲しい。

HQ(High Quality)

ゲーム好きであれば「HQ、HQ、応答願います」というセリフが馴染み深く、HeadQuarters、つまり司令部を指すが、ここでは高品質なアイテムのこと。そうでない物はHQに対し慣用的にNQと呼ばれる。装備品であればHQの方が性能が高く、場合によっては一段階レベルが上の装備を上回ることもある。基本的には自分で製作するか、誰かが製作したものをマーケットボードから購入する。クラフターの素材、材料として使う場合は、このHQの素材の数を増やした方が、最終的に作るもののHQが作りやすくなる。

Proc(Procedure)

特定のアクションを使った後に確率で、次のアクションの消費MPがゼロになるなどの追加効果が発生すること。画面上では、アクションアイコンが点線で囲まれ、一時的に目立つようになるのが特徴。会話の中で使われることは稀だが、攻略サイトなどでは普通に使うので、覚えておいて損はない。例:初心者黒魔道士のあなたに、加入したFCメンバーが「黒なら基本ファイア連続でいいけど、Proc来たらサンダー使うといいよ」とかアドバイスをくれるかもしれないが、実際問題これでは意味がわからない……。状況次第なので、このアドバイスの詳細や是非はここでは割愛するが、言葉としては覚えておいて損はない。

WS(Weapon Skill)

ウェポンスキル。TPを使って行うアクションの総称で、例えばモンクの連撃などはWSである。次のGCDも合わせて覚えておきたい。

GCD(Global Cool Down)

要するに、次のアクションが可能になるまでの待ち時間。一度アクションをすると一定時間、このGCDを共有しているアクションが約2.5秒の間使用できなくなる。この待ち時間は「スキルスピード(こちらはTP消費系)」あるいは「スペルスピード(こちらはMP消費系)」のパラメータを装備やマテリアで強化していくことで短縮していく。GCDが短くなるということは、攻撃回数が増えることに繋がるため、最終的に与えるダメージが上昇する。1発の攻撃力アップとは異なるアプローチの攻撃力アップ方法。実際に初心者で出会うシーンはやはり先達からのアドバイスである可能性が高く「GCD短くなるから、SSあげとくといいよ」といった具合。やはり、言葉を知らなければ全く意味がわからないが、ビギナーに向けて、このようなアドバイスをする人は意外にも多い。

SS(Skill Speed, Spell Speed)

スキルスピード、あるいはスペルスピードのこと。前者は魔法系以外のジョブ、後者は魔法系のジョブで前述のGCDを短縮するためのパラメーター。攻撃速度が上がるため、多数の攻撃をすると結果的に攻撃力が上がることになる。キャラの各能力に影響するパラメータは、大きく分けて「メインステータス」と「サブステータス」に分けられる。このSSはサブステータスに当たるためメインステータスに比べるとこうしたサブステの重要度は低い。同じサブステ間での重要度はFF14のバージョンによって変化することがあるため、「これさえあげておけば大丈夫」とは簡単には言い切れない。レベル60に達するまでは、アタッカーであればジョブに応じてSTRやDEX、INTなどのメインステータスで判断すれば全く問題ない。タンクではHPをあげるためにVITも併せて、ヒーラーではMNDを上げるが、両ロールはDPSのように「攻撃力を上げることこそ本望」という単純なものではないので、自分のスタイルによって味付けを変えていくと良い。特にレベル50までは、全ロールとも、単純に装備可能レベルが高いものをつけていけばOK。

SS(Screen Shot)

みんな大好きスクリーンショットのこと。スクショとも呼ばれることがある。以前お話しした初期設定をすでにしてあれば、コントローラーの「Shareボタン」を一回押すだけで手軽に撮ることができる。気がつくととんでもない数を撮影してしまっていて、整理に嘆く人がいるが、私のことである。上記サブステータスと同じだが、前後の文脈から判断するのは容易いと思われる。「せっかくみんな揃ってるし、SS撮ろうよ!」などのように使われる。以下の記事で初期設定と、ついでに連続撮影時に邪魔になるアイコンの消し方を取り上げているので、ぜひ。  

www.mandra-queen.com

 

AFK(Away From Keyboard)

離席のこと。ひらがなのまま入力して「あfk」と言う人も少なくないが、FF14では目にしない。AFKという言葉もチャットで交わされることは少なく、シンプルに「離席しまーす」という人が多い。とはいえ、言葉だけは知っておこう。

WB(Welcome Back)

AFKだった人が戻った時に「おかえりー」という代わりに使うものだが、やはり目にしない。「おかえりー」「おかー」がFF14では一般的かもしれない。会話においてはそれほど略語を多用しない習慣も、FF14に比較的ライトユーザーが多いことが理由かもしれない……?AFKを挙げたので対として挙げたが、個人的にはどう見てもホワイトバランスの略である。

PVP(Player Versus Player)

プレイヤー同士での戦闘のこと。一般的にPVP系は熱くなる人は激しく、興味がない人は縁がないコンテンツ。対人戦なので、これといった単純な攻略はなく経験がものを言う世界。FF14でも最近は運営も力を入れており、特別な装備も入手することができるため、少なくとも一回は試してみてほしい。プレイヤーとの対戦は特別なエリアのみに限られるため、突然別のプレイヤーに襲われるようなことはない。PVPに対し、通常コンテンツはPVE(Enemy)と呼ばれるが、こちらがメインコンテンツのため、会話上PVPと区別する必要がある場合にしか使われない。私も一応一通りプレイしたが、勝っても負けてもどちらにせよあまりスッキリ出来ない性格だったので、長くは続かなかった。

 

辞書のように長くなっても読みきれないので、これくらいにしましょう!

それでは皆さま、また次回♪


当ブログでは、ファイナルファンタジー14をまだ始めてないけど気になっている方、始めたばかりの方向けの記事を多数ご用意しております。もしお時間あれば、この機会にぜひ♪

上のリンクはこれから始める方向け。下のリンクは、初心者の方向けにFF14の様々なシステムの紹介やコツをお話ししています。

www.mandra-queen.com

www.mandra-queen.com

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.