今日から始める!FF14新生エオルゼア!

FF14をこれから始める方と初心者さんのためのブログです!

【FF14】トトラク攻略!ゆっくりじっくり解説(全ロール対応)(保存版)

『今日から始める!FF14新生エオルゼア!第56話』

FF14のインスタンスダンジョン、トトラクの千獄の攻略解説のタイトル画像。

こんばんは♪

昨日はトトラクの千獄攻略動画のご紹介でした。本日お話は、動画より文章だろ!という方や、もう少し詳しく知りたい方に向けて、補足情報を含めたトトラク攻略の保存版をお送りしますね♪

全部読むと長いので、ご自身のロールの所だけ読めば、予習はバッチリです!


目次


FF14・トトラク攻略のポイント

全ロール共通

初心者のうちにトトラクで一番ドキドキするのが、道に迷いそうなところです。タンクならどうしても覚えなければなりませんが、ヒーラーやDPSなら、まずは道のことは考えず、タンクさんについて行くのもありです。徐々に覚えて行けばいいのです♪

魔導フォトセルを回収している瞬間の画像(FF14)。

魔導フォトセル

もう1つ肝心なのは、道中、「魔導フォトセル」というものを全て回収しなければなりません。攻略ルートが複数存在するので、各ルートにあるものは全てです。他のルートまで回収する必要はありません。1つでも忘れると、どこに忘れたかもわからないフォトセルを探し回ることになるので、結構大変です orz

 

タンクでの攻略のポイント

タンクさんは観念して道を覚えましょう。タンクロールのFF14ライフは、ナビゲーターライフと言っても過言ではありません……!とはいえ、地図をパッと見た印象ほどは複雑ではありません。曲がる場所は3つ覚えればOKです。簡単でしょ??いや、多分最初はそうは思えないですよね。

今回は、CF (コンテンツファインダー、つまり他人とマッチされて行くやつです)で一番多く使われるルートをご紹介しますね!

そろそろターゲットマーカーの付け方も練習しておくといいと思います。「□ボタン」のサブメニューからターゲットにマーカーを付ける方法を事前に確認しておきましょう!この機会にマクロを用意しておくとベターです!マクロは……長くなるので、別途今度記事を用意しますね!

 

初心者タンクさん向けの記事を作成しましたので、リンクを置いておきますね!

www.mandra-queen.com

 

 

ヒーラーでの攻略のポイント

自分のレベルや、パーティのレベル、装備によっては冷や汗かくほど苦労することが稀にあります。近年のFF14はレベルも上がりやすくなって、大半の人が上限レベルなのでほとんどそんなことは起こりません。が、そんなエキサイティングなこともあり得る覚悟だけはしておきましょう!

ただし、すごく大変な思いをしたからと言って、自分にはヒーラーは向いていないとか、下手だとか思う必要はありません。だって、それが本来のトトラクの難易度なんですから!序盤なのに結構難しいですよ!ココ!ただ、予習だけはしておきましょうね!

 

DPSでの攻略のポイント

DPSであれば、ヒーラーやタンクに比べ、トトラクの予習にはそんなに神経を尖らせる必要はありません。

最低限のギミックを覚えてさえいれば攻略は可能です。

フォトセルの回収忘れだけはないように、目を光らせておきましょう!

初心者のうちは、そんな感じで大丈夫です!

脱DPS初心者を意識し始める頃に、またその続きはお話ししますね♪

 

 


序盤から中ボス1までのルート

トトラクの中ボス1までの地図(FF14)

中ボス1までのルート

覚える曲がり角は1つ!

最初の突き当たりを「右」です。最初の「フォトセル」がある場所ですね!あとは道なり〜。

フォトセルは、戦闘中でも手を回せるヒーラーが回収するとスムーズです。デキるヒーラー感が醸されます。出来るヒーラーは気配り上手なのですb

フォトセルは全部で4つです。

中ボス部屋で「ターミナル」を操作すると中ボス戦です。ボス戦前のターミナル操作は必ずタンクがやります。

 

 


中ボス1の攻略

トトラクにて、ターミナルを操作し、中ボス1が出現した瞬間の画像(FF14)

ターミナル操作とボス出現

中ボス1、タンクでの戦闘のコツ

特に注意点はありません。

セオリー通り、ボスを進行方向に向けてターゲットを維持すればOK。

 

中ボス1、近接DPSでの戦闘のコツ

開戦時の範囲毒攻撃を避けるため、タンクのターミナル操作から、範囲毒攻撃(モゥワ〜ってなります)までは離れたところで待機しておきます。

その後の毒は避けられませんので、諦めます。ヒーラーさん、頼んだぁー!

タンクと同じく、他に特に注意点はありません。サクッと倒しちゃいましょう!

 

中ボス1、ヒーラー&遠隔DPSでの戦闘のコツ

開戦と同時に範囲毒攻撃があるので、タンク以外は少し離れた所に立っておいて、範囲毒攻撃後に戦闘を始めると、「お、すごいしっかり予習してるんだな」感がイイ感じです。

その後も範囲毒攻撃はありますから、ヒーラーや遠隔DPSはボスから距離をとって、無駄な被ダメは避けましょう。一度の毒のダメージは大したことはありませんが、溜まると結構なダメージです。ヒーラーはパーティの解毒はしっかりしておきましょう。スロウもあるので、早めの解除を。中ボス1は中ボス2の簡易版です。次はこれがもうちょっと難しくなるんだと、意識しておきます。

 

 


中ボス1から中ボス2までのルート

トトラクの中ボス2までの地図(FF14)

中ボス2までのルート

覚える曲がり角は1つ!

今度は突き当たって迷った時に「左」です。

このゾーンでは雑魚を倒すとフォトセルが出現することがあるので、回収を忘れないようにします。

道中の3つのフォトセル回収はもちろん、中ボスの間でも1つフォトセルが足りないので、入って左の道でフォトセルを1つ回収してきます。

トトラクの千獄内の中ボス2が出現するターミナルを操作しようとしている画像。しかし、フォトセルが足りないため操作出来ない(FF14)。

ターミナル操作をしてみると、フォトセルの不足がわかる。

「あ、脇道にそれてフォトセル回収に行くのってココだっけ??」と不安になったら、とりあえずターミナルを操作してみればすぐにわかります。「魔導フォトセルをセットする穴が4つある……」と出たら、すぐ左の道へ進んでフォトセルを1つ回収して来ます!

 

トトラクの千獄内にある、粘糸の壁の画像(FF14)。

粘糸の壁

少し話は戻りますが、このゾーンでは、「粘糸の壁」というものがあります。この白いアーチはプレイヤーが近づくと、プレイヤーを吸い込んだ後、閉じます。ということは出遅れると、取り残されます。これ、壁を開けるために他の人に手伝わせることになるので、何度も取り残されると気まずいんです。

「粘糸の壁」通過のコツは、左の壁に寄って近づくこと。そうすると接近しても吸い込まれません。みんなが揃ったところで入れば、全員でしっかり通過できます。

タンクが知らずにさっさと行けば、必ず誰か取り残されますし、いくらみんなで左に寄っても、一人知らなければその人を起点に吸い込まれます。前者の場合は、壁の前ではタンクに近寄っておきましょう。後者の場合はその人の動きに合わせて自分たちも通過すればOKです。ちょっとしたコツなので意外と知らない人も多いですから、知らない人を責めてはダメですよ!

 

 


中ボス2の攻略

トトラクの千獄内、2体目の中ボス戦では雑魚が2体1組で出現する。(FF14)

中ボス2は雑魚が2体1セットで出現

中ボス2、タンクでの戦闘のコツ

基本は中ボス1と同じです。

雑魚が出現するのが相違点です。雑魚はDPSに任せてもOKですし、丁寧にタゲを回収してもOKです。ただし、ヒーラーを攻撃している雑魚を放置してはダメです!ヒーラーが初心者だった場合は、こちらが思っている以上に大変な思いをしていますので、サポートをしっかりしましょう!被ダメ軽減バフは適宜使うようにしましょう。

 

中ボス2、ヒーラーでの戦闘のコツ

毒の解除、スロウの解除、パーティの回復、雑魚の襲撃。慣れていないと意外と苦しい場面です。

装備などによってはMP管理も意識した方が良い場合があります。余剰回復で無駄にMPを消費しないように注意します。特にDPSがもし近接同士だった場合は、毒を被る人が3人もいることになるので注意します。

慣れている人からしたら、初心者のうちは苦労する場面であることを心得ていますから、失敗しても落ち込まずに挑みましょう!

少々怖そうな話になりましたが、他3名が初心者ではなかった場合は、なんの苦労も無しにクリアできる場面だと思います。しかも、そのケースの方が多いので安心してください。そんなこともあるのか、という心づもりがあれば十分です!

 

中ボス2、DPSでの戦闘のコツ

遠隔はもちろん無駄に毒を食らわないようにします。

雑魚が出たら優先で倒します。特にヒーラーを攻撃している雑魚がいたら最優先で排除します。自分を攻撃している雑魚がいたとしても、無視してヒーラーを狙っている雑魚のターゲットをまず剥がします。

ターゲット回収はタンクの仕事だから、と適当にやっていてはダメです!ヒーラーが攻撃を受けるシーンは常に非常事態と覚えましょう!

 

中ボス2から最終ボスまでのルート

トトラクの最終ボスまでの地図(FF14)

最終ボスまでのルート

覚える曲がり角は1つ!

ぐにゃっとUターンしたあとに「左」に曲がります。

そのまま真っ直ぐ行くと、宝箱がある行き止まり部屋で戦闘することになります。問題はありませんが、CFでは入らないのが暗黙の了解と言えるので、間違ったら「間違ったごめん」くらいに言っておくと、むしろ間違えないより不思議と好感度がアップしてしまうというあるある。もうMIP推薦のためにわざと間違えちゃいますか!え?あざとい?ですよねぇ。冗談です!

見分けるポイントは、「グニャッとUターンしたあと」と「進行方向に見える宝箱」です。

道中「コチューの繭」があります。この繭は、近づくと破裂して毒を撒き散らかしますので、離れたところから攻撃して破壊しておきます。が、「粘糸の壁」のすぐ先にある場所があります。吸い込まれる前にタンクが遠隔で壊しておきましょう。

道が回り込んだ見えない先に繭がある場所も多数あります。繭対策も含めたスムーズな進行を目指すには、動画で事前に場所を確認しておいてくださいね!

 

 


最終ボスの攻略

「トトラクの千獄」のボス、グラフィアスの画像。(FF14)

グラフィアス

最終決戦、タンクでの攻略のコツ

とりあえず、戦う場所は部屋の奥です。

雑魚はDPSに任せてなんとかなりますが、回収しておいたほうが安定します。

ボスのHPが50%を切ると「毒尾が脱皮した」というメッセージと共に、ボスの尻尾がターゲット出来るようになります。こちらを最優先で処理します。処理の中心はもちろんDPSなのですが、初心者さんだった場合、尻尾の出現に気がつかない場合があります。そんな時は「1」を付けましょう。マクロがあるとベターですね!近日中に紹介します!

毒エリアが生成されたら、適宜DPSの攻撃スペースを意識しながら移動します。

タンクが気にするのは、ボスのターゲット維持以外は、雑魚のタゲ取りと、毒エリアに合わせた移動くらいです。

タンクは何かとやることが多いですが、ずっと何かやっている分、ボス戦などではちょっと仕事が少ない時もあります。とは言え、初心者のうちはそんな余裕ないですよねぇ。

 

最終決戦、ヒーラーでの攻略のコツ

特別困難ではないと思います。

あとで移動する時に邪魔にならないように、外周の繭を壊しておくとあとで楽です。

途中繭が出てきたら、近くに人がいないタイミングで攻撃して処理しておきます。繭処理に攻撃力は関係ないので、すぐ発動出来るような弱い攻撃でOKです。

まだ慣れない部分もあると思うので、念のため回復重視でいましょう。全員のHPを見ながら、少し手が空くなと思ったタイミングで攻撃すれば十分です。慣れないうちは攻撃に必死になってしまいがちですので。

ボスのHPが50%を切り「毒尾が脱皮」し、毒エリアを生成し始めたら、余裕があれば毒尾を優先して攻撃します。

 

最終決戦、DPSでの攻略のコツ

遠隔DPSは外周の繭を先に破壊しておくと、あとでちょっと楽、かも知れません。とりあえず破壊しておくのが、トレンド、といった感じでしょうか。

後から出てくる繭も、ちょうど近くに誰もいないタイミングを狙って、破壊しておきましょう。近接も、出来れば出てきた繭からは離れて、遠隔勢に破壊してもらいましょう。ただし、攻撃を中断してまで避難するほどかと言えば、それほどではありません。もしも全員HPがヤバイ状態=ヒーラーさんがいっぱいいっぱいなのが見てとれたら、そこは臨機応変に判断します。

雑魚処理は迅速にします。ここでもやはり、ヒーラーが攻撃されていたら、ヒーラーを守ることが大切です。

 

「トトラクの千獄」のボス、グラフィアスとの戦闘中に現れる「グラフィアスの毒尾が脱皮した!」というメッセージ。(FF14)

毒尾脱皮の瞬間

ボスのHPが50%以下になると「毒尾が脱皮した」とメッセージが出て、ボスの尻尾を攻撃できるようになります。同時にボスが毒エリアを生成し始めます。

毒尾を最優先で破壊します!

忘れないでくださいね!

それさえ忘れなければクリアしたも同然です!

 

 


トトラクの千獄攻略動画

最後になりましたが、攻略動画はコチラです♪


【FF14】トトラク攻略☆超初心者向けにゆっくりじっくり解説♪

 

「トトラクの千獄」攻略解説保存版は以上です!

失敗したってOKです!もしかしたらその時のパーティの誰かは苦い顔をするかも知れませんが、気にすることはありません!私を例にしてもしょうがないですが、初心者さんが慣れなくて全滅したりなんて、私はいくらでもOKです。何回でも行きますよ!とは言え、私が一緒に行けるとは限らない……というかご一緒できる確率は超低いので、トトラクでは「フォトセルの回収」と「毒尾の破壊」だけは覚えておきましょう!それさえ忘れなければ大丈夫です♪

それではまた、今日から始める!FF14新生エオルゼア!にて、お会いしましょう♪♪

 

 


その他のダンジョン攻略記事は以下のダンジョン、蛮神の攻略カテゴリページからどうぞ♪


 

こだわりのスクリーンショット撮影には欠かせない、「グループポーズ」は皆さんもうお使いですか?その魅力や、基本的な使い方を解説しています♪

www.mandra-queen.com

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.