今日から始める!FF14新生エオルゼア!【エオキナ.com】

FF14の新規&初心者さんへ向けた丁寧な攻略・解説をお届けします♪

【EoLife】星芒祭(2021)の振り返り!(EL-56)

新着通知と日刊ブログ

エオキナ運営やAkiのエオルゼアライフ日記のバナー。マウントのグゥーブーとミコッテ。

星芒祭2021の思い出

星芒祭って??

そもそも星芒祭って何なのか。その起源を知るために、星芒祭の広報係さんのお話を引用しましょう!

  • かつて、エオルゼア各都市が争っていたころ……。北方の都市「イシュガルド」の街路では、戦災孤児たちが星を数え、寒さを紛らわせていました。それを見かねたイシュガルドの衛兵が軍規を破り、孤児に自分たちの緋色の外套を着せ、兵舎へと招き入れた……。
  • この美談が形を変え、今日の「星芒祭」となりました。
    寒さの厳しくなる季節、子供は星神へ祈りを捧げ、大人が星神からの贈物を、子どもに配るという祝祭ですね。
  • 「星芒祭」には、イシュガルドの衛兵も形を変えて現れます。白い髭を蓄えた衛兵隊長は「星神の聖人」となり、子どもの祈りを星神に届ける存在として登場するのです。

単純に美談と言っていいのかはほんの少しだけ疑問は残りますが、いい話ですね(どっち)!

星神からの贈り物を大人が子どもに配る祝祭というのに擬えて、例年エオルゼアで催される星芒祭では「贈り物」がテーマになっているんですね!

今年の星芒祭の贈物

今年の贈物はこれ!

シーズナルイベント星芒祭(2021)で子どもたちに配った雪玉のお菓子「シュネーバル」がお皿に山盛りになっているSS。

シュネーバル(FF14)

『シュネーバル』雪玉を模したお菓子だそうです!美味しそう!
「わぁ……すごくサクサクだね!」「外はカリカリ中はサクサク」だそうです!
調べてみると、ドイツの南部でよく食べられているお菓子なんだそうですよ。ちょっと作ってみたいですね!
材料は、薄力粉、バター、砂糖、卵、そして揚げるための油……?
友達と一緒に星芒祭をまわっていて、冗談で「おしゃれなサーターアンダギー」みたいな話をしていたんですが、見当違いな冗談ともいえなかった……!

星芒祭のオトモ

そして今年の星芒祭を一緒に過ごしたのは、はぐれイエティのルディと、人の言葉を話す瑞獣リスのリッサイです!

シュネーバルの山を真ん中に左にルディ、右にリッサイが写っているSS。

ルディとリッサイとシュネーバル

ルディの「イェーーーイ♪」がかわいかったですね!一緒にイェーーイ♪って言いながら進めました!リアルでね。いえ、そんな大声ではないです。大丈夫。

この2人と一緒に子どもたちにシュネーバルを配りました。今回の体験を通し、身体の小さいルディも、身体の大きい兄弟に負けないくらい大きく成長したのでした。

ところで瑞獣って何なの?

瑞獣は「ずいじゅう」と読みます!
FF14においては、紅蓮編パッチ4.2で実装されたクロニクルクエスト『四聖獣奇譚』にたびたび登場する長寿命過ぎてすごいことになっちゃった動物たちのことです。

そこで出てきたお話によると、種の寿命を超えて100年を生きた獣は妖力を操るようになり、さらに1,000年かけて妖力を溜めると、瑞獣となって、特別な力を得るそうです。

つまりリッサイは1,100年以上も生きてきたリスなんですね!肉体が原型を保ってることが驚異的ですよね!平安時代から生きてる人みたいなものですからね。絶対やばい。

瑞獣という存在そのものは、古代中国の思想を受けているようです。端的にいえば、この世ならざる特徴を持った特別な動物のこと、なのだと思います。私たちに馴染みが深いものといえば『麒麟』『鳳凰』『九尾の狐』『竜』ではないでしょうか。

そこまで考えると気がつくことがありますよね。FF14では極蛮神(系)を倒すことでマウントを入手出来て、またその拡張パッケージ内でその全てを集めると、特別なマウントが手に入るのが伝統です。その特別なマウントが……

  • 新生編:麒麟
  • 蒼天編:鳳凰
  • 紅蓮編:九尾の狐(九尾のカムイ)
  • 漆黒編:竜(レンダーバッフェ)

そう、新生から漆黒まで典型的な瑞獣と呼べるようなマウントが採用されてきています。最後だけメカっぽいけど。

そして暁月現在極コンテンツで入手出来るのが『リンクス』シリーズです。英語表記では"Lynx of"となっているのでオオヤマネコのことだと思われます。ということは、いずれコンプリートで出てくるマウントは猫の瑞獣というになるのかもしれませんね!

猫の瑞獣と言われたら真っ先に『猫又』が思いつきますが、どうなんでしょう?

猫又といえば、少し前の作品だけど私は『ネコあね。』ってマンガが大好きです!笑いがいっぱいではあるんだけど、泣けます……。もし良ければ読んでみてくださいね!

星芒祭SSギャラリー

私の星芒祭は、一緒に住んでるモエさんやSさんと過ごしました!あちこちの会場をまわって撮影会♪

リムサロミンサのクリスマスツリーを並んで見上げるミコッテ2人の後ろ姿。

リムサのツリーを見上げて。鮮やかな冬の思い出です。撮影は『鮮やか2』『絵筆1』の組み合わせ。ステッカーを使ってツリーの電飾をデコレーションしています♪

 

三つの雪だるまと、それを囲んで座る2人のミコッテ。

星芒祭の雪だるまって至る所にあるんだけど、一つ一つに実はドラマがあったりして、いろんな雪だるまを探してみるのもオススメです♪猫耳の雪だるまだったり、ストーリーが組み込まれていたり。
この雪だるまたちは、お父さんと、娘と、猫……?そんな感じに見えてかわいい……!
タイトルロゴはブラックとホワイトを重ねてブラックの透過度を70にするとこんな感じでやわらかい感じの白ふちに。『グルポまま』を見ても分かるとおり、外周の光もグルポ機能で足しています。特別加工しなくても、グルポだけで色んな撮影が楽しめるのもFF14のいいところですね!

 

グリダニアの音楽堂に来ていた、イディルシャイアのクロ・シロ。

星芒祭に限りませんが、シーズナルの会場って、いつもいろんなNPCに出会えたりも!このSSはイディルのしっかり者、クロちゃん!ブタさんアドキラーも見かけました。

 

アルファとオメガと一緒にツリーを眺めるミコッテの後ろ姿。

アルファとオメガも見かけましたよ!ゴッドb流れの聖人との濃密な時間(という名のお散歩タイム)も楽しかった。ホッホッホゥ!って言ってました。

 

ハウジング室内のツリーを見上げるミコッテ2人をツリーの上から撮影したSS。

ちょっと幻想的な雰囲気に撮影した、ハウジング室内SSです。簡易的ではあるけど、シェアハウスを星芒祭仕様に飾り付けしました。
SS撮影の構図に悩んだら、見上げてみるor見下ろしてみるのがおすすめです♪グルポでは明るさ調整に限界があったので、後で明るさを上げて完成してますが、基本的にグルポでほとんど済んじゃいます!氷の結晶は『氷神シヴァのシャンデリア』。

 

ハウジング室内のツリーを前に並ぶミコッテ2人(左右)とアウラ(中央)。

ハウジング室内を30分〜1時間で簡単に『星芒祭』に変えられるハウジングTipsを記事にまとめてあります。2021年の星芒祭はもう終わっちゃったけど、普段なかなかハウジングをやれない人も、簡単なのでもしよかったら2022年の星芒祭のハウジングアイデアに活用してみてください♪
私の足がギフトボックスに埋まってるように見えますが、そういう靴です。気にしないでください。

 

ハウジングエリア『シロガネ』のウソウソハウス(Lサイズ)と、その門を潜る和装のミコッテの後ろ姿。空には雪が舞っている。

クリスマスや星芒祭というと、どうしても煌びやかな世界ばかりに目を向けてしまいますが、静かに降る雪を、落ち着きのシロガネで見上げて過ごすのもいいものですよ♪
私のシロガネの個人宅は庭に温泉があるんですが、竹林の中の露天風呂に浸かりながら舞い落ちる雪を眺める。なんて過ごし方もオススメです。

スプラウト、伸びすぎで食べるのが追いつかないよ……

あと、食べていいのかわからなくなるくらい動く。かわいいと思ってたけど最近ちょっと脅威すら感じる。いつか夜な夜な根で立ち上がって容器から逃げ出すと思う。

\ EoLife新着をお知らせするだけのアカウント /

マウントのグゥーブーの顔のアップと頭に乗るミコッテ。下部にEoLifeのテキストのあるエオライフアイコン

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.