今日から始める!FF14新生エオルゼア!【エオキナ.com】

FF14の新規&初心者さんへ向けた丁寧な攻略・解説をお届けします♪

【FF14】「引越」ってどんなシステム?/ハウジング入門(#219)

『今日から始める!ファイナルファンタジー14新生エオルゼア!No.219』【5.3対応】

【エオキナ.com】

ハウジング初心者向けの「引越」システム解説記事のトップ画像。ミコッテが荷造りをしている所。

Ver.2

 最終更新日とパッチ

  • 更新:2020/10/12
  • 対応:Patch5.3~

ハウジングでお引越ししたい時は

戸建てのハウジングを引越ししたい時は、主に二つの方法があります。

  • 自動撤去法
  • 引越

一つは、時間がかかるものの、費用の回収率が高い「自動撤去」を利用した方法と、もう一つは文字通り「引越」というシステムを使った引越しです。

今日は、この引越のシステムについて簡単に解説しておきます。もともとは前回の購入ガイドの中にあったんですが、長くなりすぎるので分けました。

 

 

「引越」システムで新規土地購入が割引に?

「引越」というのは、正確に公式文章を引用すると、こんなシステムです。

引越

「引越し先の土地代」から、「所有している土地代」の最低額の3割を引いた差額が、実行時に消費される。

つまり、今持っている土地の最低額(買った額ではないことに注意)の3割が、新規購入費用に補填されますよ。と言っています。

ふむふむ……???

 

考えるより実例を見てみましょう。

 

引越の手順と費用

過去のものを頑張って発掘してるので、SSに出てくるハウスはバラバラになってしまっていますがそれは気にしないでください!

ハウジングの土地の前のサインボードを開いて「土地を購入する」ボタンを押そうとしているところ。

空いている土地には「土地を購入する」ボタンが

まずは買いたい土地の前のサインボードを開いて、「土地を購入する」ボタンを押します。もちろん買えるだけのお金はキャラクターに持たせてから現地に行ってくださいね!

個人用、FC用に購入する選択肢の下に、引越関連の選択肢が出ている。

「引越」の選択肢が出てくる

すでに個人宅やFCハウスを持っている場合は「個人用」「フリーカンパニー用」の購入の他に「引越」という選択肢が出てきます(FCハウスは人によっては選択出来ません)。

ここからが本題。

では、引越を押してみましょう!

個人用ハウスを引っ越ししようとしているところ。差額の補填分などを確認することができる。

引越の事例1

以前個人宅を引越しした時のものです。ここからどれだけの情報が読み取れるでしょうか。解説していきますね!

  • 買おうとしている土地は316万ギル
  • 必要なのは263万ギル

となっていますね。この両者の差額は530,118ギルです。

どうやらこれがその3割という額のようですよね。ということは10割だと1,767,060ギル。

下の記事をチラッと見てみてください。

【FF14】ハウジングの土地価格は結局1日でいくら下がるのさ! - 【エオキナ.com】

上から2つ目の図(表)の一番下、d30の所です。1ギルと違わない項目がありますね!ということは、引越元の土地はSサイズの2等地だということです。

参考記事はそのまま開いておいたまま次にいきましょう!

引越のシステムを使って引越をしようとしているところ。

引越の事例2

もう一つ実例を見てみましょう。

1,488,000(買おうとしている土地の価格)-985,800(実際に必要と出ている価格)=502,200(引越によって安くなった分)ですね?

502,200/3x10=1,674,000なので、もう一度さっきの記事で見ると、S3つまりSサイズの3等地であることがわかります。

どうでしょうわかってきました??そしたら逆に計算すれば実用的に自分のハウジング購入に必要な費用が計算できますね!

 

 

自分の引越費用を計算してみよう

では、実際に自分が引越をするときの費用を計算してみましょう!

まずは今のご自身の土地が何等地かを調べます。

【FF14】ゴブレットビュート1〜5等地の番地対応一覧 - 【エオキナ.com】

【FF14】ラベンダーベッド1〜5等地の番地対応一覧 - 【エオキナ.com】

【FF14】ミストヴィレッジ1〜5等地の番地対応一覧 - 【エオキナ.com】

シロガネはないです、ごめんなさい!

 

各記事で、自分の土地の等級と最低額がチェックできたと思います。

あとは簡単ですね。その金額をさっきとは逆に10で割って3をかければ、引越をするときに差し引かれる金額がわかります。

自分の土地がSサイズの5等地だったとしたら、149万ギルの3割なので約45万ギル引いた額が次の土地を買うときに支払う金額ということになります。

 

所持金がギリギリで買えるかどうかの瀬戸際だからもっと詳しく!というときは先ほどのこっちの記事で見ましょう。

【FF14】ハウジングの土地価格は結局1日でいくら下がるのさ! - 【エオキナ.com】

そうすると、1,488,000/10x3=446,400ギルが差引額になることがわかりますね!

 

同じ表の0dのところの額が最初の金額になるので、もし新たなに土地区画が追加されたタイミングで即Sの5等地を買うとしたら、3,000,000-446,400=2,553,600ギルが用意しなければいけないギルということになります。

ポイント

金額計算のもとになる数字は、引越の場合は「その土地の最低額」です。あなたがいくらの時にその土地を購入したかとは無関係です。

自動撤去については先ほどの参考記事を参照いただきたいのですが、そこの8割の計算のもとになるのは、実際にあなたが買った時の金額です。

つまり、計算の元になる額も、戻ってくる割合も自動撤去の方が多くなるのは理解しておく必要があります。

 

 

練習問題

狙っている土地によっては争奪戦になる可能性もあるので、もし所持金が潤沢じゃなくて、ある程度狙える範囲が限定されているなら、しっかり把握しておきましょう!

問題
  • あなたは今、ラベンダーベッドの拡張街、43番地に住んでいます。次の区画追加のタイミングでミストヴィレッジの22番地を購入したいと検討しているところです。事前に何ギルを用意しておく必要があるでしょうか。

いかがでしょうか。答えの代わりに、参考になるSSを載せておきますね!場所は違いますが、同じ等級の土地です。

計算が合っていること、そしてでもそれとは微妙に違うことがわかると思います。理由は…………分かりますよね?

練習問題と同様のシチュエーションで引越をしようとしているところ。購入額は少し時間が経っておりわずかに安くなっている。

参考SS1

さらにもう少し時間が経って、土地の価格がもう少し下がっている。

参考SS2

どうしても所持金がギリギリなら下がるのを待つというのも作戦の一つです。

Sサイズなら特に例年は少々値段が下がるまで待つくらいの余裕はありましたよ♪5.35での追加は今までのような購入制限がないようなので埋まるのは少し早いかもですが。

 

 

家具とか庭具とかの調度品はどうなるの?

すでにハウジングをやっている人が気になるのは家具や庭具はどうなってしまうのか。 ではないでしょうか。

ハウス内の家具や庭具

ハウス内の調度品は全部倉庫に入ります。よく入ったなってくらいに。

倉庫にもともと物が入っていれば、400/200のように限界を超えて無理矢理収納された状態になります。その場合出すことは出来るけど、本来の上限以下になるまで新たに入れることは出来ません。

注意

限界突破されて倉庫に調度品が詰め込まれるのは今のハウスサイズに関係なく、調度品400、庭具40が上限です!つまり「設置済み数+倉庫保管数が室内400以下、庭40以下」になっていないと引っ越せません。ケースとしては比較的少ないと思いますが、Lサイズから同じもしくは小さいサイズに引っ越そうと考えている場合は特にご注意ください!

既定の数以上の調度品が引越によって詰め込まれた倉庫。

限界を突破した倉庫

中の壁などは引き継がれますが、ハウスのサイズが変わった場合は消滅するケースがあります。仕様もたびたび変わるのがオンラインゲームなので、念のためどうでもいいものに取り替えてから引越すると安全です。

料理系については未検証ですが、未使用なら倉庫に入るのは間違いないと思います。でも食べかけのものは倉庫に入るような仕様にはなっていないので恐らく消滅すると思われます。

特殊な庭具

庭具の中には、一度設置すると戻せない物があります。

  • チョコボ厩舎
  • プライベートエーテライト

などです。これらの庭具も、消えてしまいはしないのでご安心を。

特殊な庭具は新居の入り口に移動されます。若干嫌がらせかと思うくらいな位置に。

新区画追加後などは、家の入り口の目の前にエーライトが設置されてる家が多発するのは、流行ではなくてこの引越の影響です。乗り遅れることを恐れ入り口前にエーテライトを移動させる必要はありません。どうぞ家の裏や庭具にでも隠しておいてください。

家の横のチムニーの中に隠すことも出来ます。チムニーが来る箇所にエーテライトを移動させてからチムニーを設置しましょう。チムニーは「庭具の設置」ではなくて「外装の変更」メニューからです!

 

FCハウスの個室

FCマスターとしてはメンバーへの説明をするのに悩むのが、メンバーが増築した個室の内装はどうなってしまうのか……ということだと思います。

個室の調度品はそのまま移行されます。

FCメンバーが苦労して作った個室の内装だけはそのまま維持されます。あちこちに絶妙な位置で浮かせてある家具とかも完全にそのまま移行されていたので、余程変なことをしていた部屋でない限りは大丈夫です!

でも、今の仕様では壁の柱だけは、ハウジングエリアが変わるとそのエリアに合わせて変わります。私もギリギリ柱が見えないように作った部屋だったのに、引越たら柱のデザインの微妙な違いで所々見えちゃってました。

FCマスターさんへ

メンバーがそれぞれどんな部屋作りをしているか分かりませんので、FCハウス引越の際は、ないはずだけど(柱の件も含め)レイアウトが崩れてしまう可能性はゼロではないことは事前に説明しておいた方がいいと思います。内部的なデータ管理としては「移動」していないような気もしますし、崩れないとは思いますが。

 

引越時の調度品についてのまとめ

  • 室内→時に収納数を限界突破して新居の倉庫に詰め込まれます
  • 庭具→同上
  • FCハウス個室→柱以外変化なし

考え方としては、ハウスも庭も引越でサイズが変更になる可能性があるので一律倉庫へ移動されるのだと思います。ハウスの内装は国によって微妙にデザインが違ったり、庭も占有面積内でのハウスの配置が土地によって違うからなのかな〜と推測されます。

それに対して個室はどの国どのサイズのハウジングでもほぼ同じなので基本はそのまま移行出来るのかもですね!

もしくは、個室はデータ管理上移動しないけどハウスや庭(庭は当然ですが)は移動するからとかなのか。

分かりませんが、ともかく現状はこのような仕様になっています。

今後も、倉庫に入ってしまっていたのがそのまま移行出来るようになることはあっても、そのまま移行出来ていた個室が倉庫仕様になってしまうということは無いのではないかと思います。

 

引越のメリット

  • 新居購入費用が一部割引かれる
  • 調度品(家具・庭具)が自動的に移動される
  • 土地購入制限(整備中)突破能力を有する

上の二つはすでにご理解いただけたと思うので、ここで重要なのは最後の「土地購入制限突破能力」。

土地の購入制限とそれに対する引越のメリット

土地の購入制限には二種類あります。

  • 新区画追加時の購入制限(パッチ5.35での追加では適用無し)
  • 空いた土地に一律適用される購入制限

一つは、新区画追加時に適用されてきた経緯がある制限です(いつから始まったものかは覚えてませんが)。

実装後当面新区画は「FCハウス購入と引越購入のみ可能」という物。裏返せば、個人宅の新規購入は制限されるという物です。

これは主に、新たに設立されたFCが優先的にFCハウスを購入出来るようにという施策だと考えられます。限られた土地の中でカバーできる新規プレイヤーの割合を最大限に高められるとの判断かもしれませんね。

したがってすでに土地を持っているプレイヤーと、新規FCのマスターの中でも新しい区画に土地を買いたい人だけが買うのでかなり分母が少なく(引越は埋まった分別の場所が空く)、余程人気の土地以外は中長期的に空きのある状況でした。

その他のプレイヤーも引越で空いた旧区画を買うことは出来るので、じわじわとハウジングビギナーさんを増やすことが出来る感じの流れです。そしてある程度期間が経ったら個人購入が解禁され安定状態になります。

重要

パッチ5.35でのハウジングエリア区画追加ではこの購入制限がなく、最初から全員が個人宅を買える仕様になるようですから、埋まるのは早くなると思います。でもSサイズは結構残るような、プレイヤーが増えているからすぐ埋まるような……うーん、わかりません笑

ともあれ、今回は引越のこの点においてのメリットは無くなりました。

 

 

次に、空いた土地に一律適用される購入制限についてです。

下の公式サイトキャプチャ画像をご覧ください。

引越システムを使うと、空いたばかりで整備中となっており購入制限が付いている土地も購入可能となっている。

購入制限バリアを無効化

以下の理由で空いた土地に対して、一定期間購入できない時間が設けられます。

  • ハウジングメニュー「土地の放棄」を使用して空いた土地
  • 自動撤去が実行されて空いた土地
  • 引越によって空いた土地
  • 所有者のキャラクターが削除されて空いた土地

※購入できない時間でも、その土地に引越することは可能です。

 

施策自体は一言で言えば業者対策だと思いますが、重要なのは最後のところです。

簡単にいうと「空いた土地はしばらく購入出来ないけど、引越ならすぐ買えるよ」ということですね!「引越」のメリットとして大切なところです!覚えておきましょう!

 

ということで以上です!お互いハウジング購入も全力で楽しみましょー!

 

最後に

オンラインゲームの特性上、仕様変更は日常的にあります。私も度々自分で実際に試し、可能な限り最新情報に更新しながらお伝えしていますが、常に完全な情報サイトは存在しないので「この引越が失敗したらもう引退するしかない」とか「絶対に今の個室の内装の配置を変えたくない」などなどの強いこだわりがある場合は公式サイトも含め多数のソースから情報を集めることをお勧めします。

 

www.mandra-queen.com

www.mandra-queen.com

 

【FF14】初めてのハウジング・個室を満喫しよう!

【FF14】ハウジング作りのアイデア帳/個室・アパルトメント・個人宅

【FF14】ハウジング入門!通常街と拡張街でそんなに差があるの!?

【FF14】「シロガネ」はこんな所/ハウジングエリア散歩

 

【FF14】初心者向けクロスホットバー講座!スロットが足りなくなってしまった方へ!

【FF14】真・荷物整理/選別と処分

【FF14】真・荷物整理/収納編

【FF14】SS撮影記・EorzeanGP+Aki02「常夏のコスタ・デル・ソル」

 

 

おまけの細かい話

引越ですぐ買えるのは不公平?

かつて、整備中が明ける(購入制限が解かれる)のを一生懸命待っているのに、引越の人が横から来て買えてしまって不公平だ、という話がありました。

でも、どうでしょう。

どうしても土地Pを買いたいハウジングビギナーAさんとBさんが居たとして、Aさんはどうしたら買えるかとあれこれ勉強して、引越を使えば買えるらしいから頑張ってお金を貯めて、事前に別の土地を買っておいて、目当ての土地Pに備えていた。Bさんは、土地Pを買えるお金だけをとりあえず貯めてあとは待っていた。

仮にS3の土地だとすると、Aさんが使うお金は3,375,000(事前の別土地)+3,375,000(土地P)-502,200(引越差引)=6,247,800ギルなので、Bさんより約290万ギル多く貯めないといけません。ハウジング初心者にとっては相当な金額差です。さらに事前の土地購入の段階ではAさんもBさんが土地Pを買うのと同様の立場なのでそこでも苦労するはずです。

例え直近に苦労して購入していなくても、過去にはその人も初めてハウジング購入をしてきた人ということですし、単に事前に準備していた人が買えたというだけの話だと思います。

私もLサイズの家を買うのに、事前にSサイズの家の整備明けを徹夜で待って買ってから土地追加の時に引越た経験があります。

でも、Bさんも目当ての土地Pは買えなくても他の場所で今回買えれば、次回は引越ユーザーですから!

不公平だと感じていたBさんが、その次の機会に念願の土地Pが買えるのに、「フェアじゃないから」と制限解除まで待ってから買うというならある意味尊敬しますが……。

 

もっとたくさん土地があればこんな苦労はなくみんなが買えるのに、というのも一理ありますが、苦労して買うことが結局は振り返れば楽しみの一つですから私は不自由があるからこそ希望があって楽しいんだと思います。いくらでも自由に買えるようになれば、「買う」という楽しみが一つ減るだけの話です。

買えなさすぎるのは問題ですが、近年は事前にちょっと頑張れば誰でも買えるくらいにはなってますからね!

でも「今」の人にとっては今は買えなさ過ぎなんでしょうし、その人もいつか「今は買いやすいと感じ」それが「今」の人にとっては買えなさ過ぎと感じる。その繰り返しなんでしょうけど。

 

引越がなんで有利なんだろう

引越が新規購入に対して有利のように見えるのは、前段階の新規購入をすでに終えているからというだけと言えます。新規購入は空き土地を減らすことを意味しますが、引越では土地は一つも減りません。例え引越で空いた土地に引越で誰かがさらに入っても、元の土地はやっぱり空いてます。

昔話になっちゃいますが、前は今とは比べ物にならないほど土地は買えませんでした。今ほど業者対策が進んでいなかったので、恐らく真面目にプレイしているプレイヤーには回ってこなかったんですね……。仕事でやってる人たちには普通の週末プレイヤーは到底敵いませんから。そもそもBotは歩かなくても移動はするわ壁の中で戦うわやりたい放題ですから……。

その後普通のユーザーも購入可能になってきましたが、キャラクターごとに1軒という制限だったのでやはり土地は圧倒的に足りませんでした。私も複数のキャラで持っていましたし……。今のユーザーからしたら不公平な話ですが、それはそのころはそれが当たり前だったので別の話です。

その後、アカウントで1軒と購入が制限されました。

一人で買える数を減らし、転売がしにくいように空いても買えない期間が設けられ、使用実績がない土地は撤去開放され、土地も定期的に増やされて来た結果、ハウジングは多くの普通のプレイヤーでも楽しめるコンテンツになりました。

文句を言うのは簡単だけど、運営の皆さんの努力は着実に実ってるなぁってありがたい気持ちに私はなります。

そんな流れで制限が増えた中で、ハウジングファンの自由を守ってくれたのが「引越」です。

「引越が有利」というよりは、ハウジング新時代のスタンダードスタイルと考えるのが妥当かもしれませんね。

確かに引越に比べると新規購入は少しだけ敷居が高いですが、それがハウジングをしたい一般プレイヤーを守ってくれているんです。

新規プレイヤーの大幅増加や業者対策の実績もあってか、パッチ5.35での土地追加では最初から全てのプレイヤーが新規購入可能となりました。

不正行為であるRMTなどに絶対に手を出さない正規プレイヤーの皆さんが、最大限ハウジングを満喫できるエオルゼアになることを私も願っています。

それは運営の努力もあるでしょうが、私たちプレイヤー一人一人が絶対にそういった業者を利用しないことが重要な対策です。

FF14が、余計な制限が乱立しない楽しいオンラインゲームであり続けられるように、私たちもいろいろ心がけていきたいですね♪

 

 


【更新履歴】

  • 2020/07/24-Ver.1
  • 2020/10/12-Ver.2「まだ限界突破している倉庫があったので撮影して掲載」

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.