今日から始める!FF14新生エオルゼア!

FF14をこれから始める方と初心者さんのためのブログです!

【FF14】新生エオルゼアの攻略本ってどうなの?

『今日から始める!FF14新生エオルゼア!第92話』

誰得コンテンツのネタ企画の登場人物「アヤ(ヒューラン♀)」が手を差し出しているポーズのスクリーンショット。晴れた日中のミストヴィレッジにて撮影。(FF14)

みなさん、ご機嫌いかがですか??ネペンテスの鉢から恐ろしい虫がいなくなってちょっとホッとしているAkiです。いや、見えていないだけかも……。あぁ疑心暗鬼。疑心暗虫。

もはや覚えている人はいないかもしれませんが、FF14の書籍レビューをやるというお話になっておりましたので、ここに初回を開催します。え?わざわざ攻略本のレビュー?と不思議に思うかもしれませんが、FF14はオンラインゲームの特性上書籍選びが難しいのです。適当に買って役に立った、立たなかったでもいいのですが、どうせなら事前にその本からはどんな情報が得られて、どんな情報は得られないのか、知っておければ、購入の際も迷いません。

今日は攻略本レビューの前話しをしますね!

update

 最終更新日:2018/09/11

  • 独立したカテゴリに分類しました。

なぜに今時書籍なのか

オンラインでいくらでも情報が手に入る今時分、なぜわざわざ書籍を購入するのか。その理由は人それぞれあると思います。が、私が本を重要視するのは、情報のまとまり方です。ネットでは膨大な情報、それも過去や現在が入り乱れています。ピンポイントでほしい明確な情報があれば調べるのは簡単です。が、しかし「ざっくりとこの分野で有益な情報をまとめてほしい」となると話は別です。攻略サイトのほとんどは情報の羅列なので、それを知ろうと思うと次から次へと芋づる式に情報が無限に出てきて、果てはサイトによって書いてあることが違ってアップデートで変化しているのか別の情報を調べたり……。と情報の巨大な波にのまれて時間がいくらでも経ってしまいます。その点では本の方が良質な情報が圧倒的に短時間で得られます。

どんな情報も得られる自由が人に不自由を与えている一方、書籍の制限された情報の不自由さにこそ、その分野においては自由を感じられる、というわけですね。

あとは、必要な情報がパッと確認できるとか、私自身が紙媒体が好きだというのも理由の一つにもなっていますが。

 

FF14の書籍レビューが重要なワケ

本と時間

オンラインゲームはどんどん内容が変わっていきます。しかし、変わらないものもたくさんあります。私たち紙媒体信者は、その両者の情報とうまく付き合っていかなくてはなりません。そして、その特性上FF14に関する書籍はそう多くありません。本屋さんにも微妙に古いバージョンの本が当たり前に置いてあります。というか、書籍はありとあらゆる分野でそうですよねぇ。バージョンいくつなんて決まっていないだけで、現実社会のほうがよっぽどアップデートが盛んです。「現実」を扱わない小説や漫画はその中の時間で確定してますから関係ありませんが。

でも、書籍の存在価値が揺るがないのもまた事実です。これだけネットが発達した現在でも今だになくなりませんもんね。絶対数は減りつつもいつまでも残るものでしょうねぇ。

私は長らく科学者として生活してきました。情報の最先端を重要視する科学分野では、素早く最新の情報を得る手段としてネットが重要だと思いますよね。でも、偉い研究者から言われたのは、書籍を読め、という話でした。書籍を読まなくなった研究者はダメだそうです。これはネットがNGという意味ではなく、両方のメリットを最大限に利用しろ、ということなんですね〜。

ということで、光の戦士としても、やはり書籍は読もうと思います 笑

FF14の攻略本の情報

FF14の攻略本の情報は過去のものでも使えるのでしょうか。答えは、もちろん情報によります。これって、結局ある程度FF14をやったことがある上で、中身をしっかり読まないとわかりません。なので、初心者さんはどの本を買ったら有益なのか謎ですよねぇ。ということで、そのあたりを解説するのがこのレビュー企画です。だいたい攻略本なんて立ち読み出来ないようになってますよね。私がその概要と、ためになる情報、ためにならない情報がどれくらい含まれているかをお伝えしますから、購入を検討する際に参考にしてくださいね!

 

ということで、今日はここまで!最近ほんと時間がなk……、じゃなかった、本編と一緒にこんな話をすると長くなりすぎるからです!

 

最近電車で座りながら書いていることがしばしば……。小さいノートなので全然スペースは問題ないのですが、まさか誰もわざわざ電車でPC開いてブログを書いてるとは思わないでしょうね〜。仕事の書類を仕上げているような顔をしてやってます 笑

先日、直前まで前にいたお姉さんを押しのけて、目の前に立ったおばさま。すっごい距離が近くて、さらに眠いのか微妙に前傾姿勢で顔を前へ。そのまま時々頭を掻くんですよね。すると落ちてくるんですよ。髪の毛が……。一本ずつ取っては捨て、取っては捨て……。あぁ、ヨダレを垂らされなかっただけ良かったなぁ orz

 

www.mandra-queen.com

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.