今日から始める!FF14新生エオルゼア!【エオキナ.com】

FF14の新規&初心者さんへ向けた丁寧な攻略・解説をお届けします♪

【FF14エオキナ】エオルゼアライフ2018振り返り(その1)(#174)

『今日から始める!FF14新生エオルゼア!第174話』【エオキナ.com】

和風の部屋で和服を着たミコッテが正座している。その正面にははっぴを着たナマズオの姿がある。(FF14)

みなさん、お元気ですか!私は年始早々寝込んでおりました。そしてだいぶ遅い、いや、あまりにも遅すぎますが、明けましておめでとうございます♪

本日は、2018年のエオルゼアライフを振り返ってみたいと思います。単なるプレイ日記であると同時に、まだFF14を始めてない方は、自分は始めたらどんな一年を過ごすのかな〜って想像する材料にしてみてください♪

エオルゼアライフってこんな感じです!まぁ……私は初心者さんのサポートが結構中心の一年だったので、特殊と言えばちょこっと特殊かもしれませんけどね〜。

まずは新年のご挨拶

ここを利用してくれているみなさん、実際にエオルゼアでお世話になっているみなさん、2018年の全ての出会いに感謝です!

記事を読んでくださっている皆さんへ

和服を来たミコッテが、正座をして文机に向かっているところ。和風の部屋になっているFCハウスにて撮影。(FF14)

いつも読んでくださりありがとうございます♪嬉しいです!そして「記事を読んでFF14を始めて、すごく楽しんでるよ!」と言うお便りがとても嬉しいです!いただいたお便りはじっくり読ませていただいてますよ♪

可能な限り返信をさせていただいておりますが、きっと抜けていることもあると思うので、改めて、お伝えします。お便りありがとうございます!もし要返信な内容だったらほんとごめんなさい、気をつけてるんですが……。

 

そして、せっかく色々なリクエストをいただいているにも関わらず、なかなか実現できておらずごめんなさい!貴重なご意見として、これからの記事の参考にさせてもらいますので、ぜひぜひ気長におまちいただければ幸いです!

 

ほんとに嬉しいお便りがいっぱいで紹介したいのですが、まさか勝手に掲載するわけにもいかないので、許可をいただいたSSを紹介させていただきますね♪

ゴブレットビュートのハウジングの土地の前に立っているアウラ。(FF14)

いただいたSS

ゴブレットビュートにたった新居のSS。(FF14)

いただいたSS

美人なアウラさんからのお便りでした♪記事を参考に、気に入った場所にマイハウスを建てたよー!とのことでした。ゴブレットビュートの外周の高台のところですね!私もこの場所すごく好きです!近くのマケボからの景色もよくて、すごく気持ちがいいですよね〜。

FFは昔から好きだというNさんですが、所詮ゲームじゃんとどこかで思っていたそうです。でも、今ではエオルゼア、ハウジングにどっぷりハマりそう。とのこと。私も同感です。そんな感じで現在に至っています。Nさんは今でも楽しく過ごしていらっしゃいますか?

週末に「ガルーダを倒せたよ!」とお便りをくださったDさん。まだ返信できていないのでこの場を借りて、おめでとうございます!IDに緊張はまだするけど怖くはなくなったというお話、よかったです。そう、最初の頃、特に一人でやっているとどうしても怖いんですよね。その気持ちを忘れてしまわず、ぜひ次にまだ怖いと思っている初心者さんにも優しくしてあげてくださいね♪

そしてそして皆さんも、ぜひぜひ素敵なエオルゼアライフを送ってくださいね!!私も陰ながら、そっと背中を押せるようであれたらいいなと思っています。

FCの皆さんへ

和服のミコッテ二人が食卓を囲んで会話をしている。ドマ町人地にて撮影。(FF14)

私のエオルゼアライフ2018は、自分が一番楽しむことを目標にやってきました。初心者サポートとして来てくださっている方は、私がおつきあいで頑張ってると思ってる方もいらっしゃるかもしれませんが、良くも悪くも私は自分が楽しんでいるだけですので、ご心配なさらず。それで皆さんが楽しめているのなら私たちの関係が、たまたまWin-Winだったということです。

なので、自分が楽しむためのフィールドがここじゃないなと感じたら、何も遠慮することはありません。ぜひ新たなエオルゼアライフを歩みはじめてみてください!それは私自身も然りですが、私には初心者サポートという役目もあるので、それが必要な方への協力はいつでも惜しみませんから遠慮なくどうぞ♪

と言っても、そろそろ私の役目も終わりですかね〜。メンバー一覧にわさわさと生えそろっていた若葉もめっきり減りましたしね!

2019年も、楽しいエオルゼアライフをお過ごしください!

エオルゼアライフのリスタート

私がFF14に復帰したのは最初の記事から遡ることその約3ヶ月前でした。

ミストヴィレッジのハウスにて、サムアップしているミコッテ。初心者装備が初々しい。(FF14)

FF14復帰!

とりあえずはミストヴィレッジのお気に入りの場所のMサイズが空いていたので、そこから新たなエオルゼアライフをスタートしました。初心者装備が初々しいですね。

ちなみに私が一番好きなMサイズの家は、ミストヴィレッジの30番地です。今回買ったのもそこ。向かいのSサイズ22番地もあわせて入手しておけば、そこ一帯が自分の庭のようになります。私は2軒を実用と見た目で使い分けていました。庭のコーデも統一すればすごく一体感が出ますよ。下手なLサイズを買うより満足度高し!

ハウジングエリア、ミストヴィレッジの30番地から眺める夕日。海に沈む真っ赤な夕日が美しい。(FF14)

ミストヴィレッジ30番地からの眺望

上のSSがその30番地の屋根からの景観です。いいでしょ?ちなみに庭具の配置を工夫すれば山側から普通に屋根に飛んで登れるように出来ます。別途登れるようにすると景観が壊れることもしばしばですからね。そんなところもポイント高いです。私はミストならミストの気候風土に合わせた家づくりをするタイプなので、その辺は重要です!

土地の分布などは下記の記事をご参考にどうぞ♪

【FF14】ミストヴィレッジ1〜5等地の番地対応一覧(ハウジングガイド) - 今日から始める!FF14新生エオルゼア!

そうそうこのリスタートは引退する前のもともとのエオルゼアパートナーを巻き込んでのものでした。下のSSはFF14を再開して、やっと少しレベルも上がって来て落ち着いたくらいの頃でした。この椅子に乗っているということは、ちょうど去年の今頃のSSだったかな??

ミコッテ男女が密着して椅子に座っている。(FF14)

後に私がここで初心者サポートを始めるに伴い、彼とは別行動に。なぜって、それぞれやりたいことが違いますからね!彼は彼なりに自分の新たなエオルゼアライフを楽しむ。私は私なりに新しいエオルゼアライフを楽しむ。やるからには、私はしばらくは初心者さん支援に集中したいですからね〜。時々ルーレットに一緒に行ったりするくらいです。彼も今や超ライトユーザーなので、私がサポートしてるような感じになってます 笑

一度引退したのが、紅蓮前、復帰したのが紅蓮後だったので、しばらくは色々なシステムの変化に追いつくのが大変でした。今でこそロールアクションが普通ですが、前は戦闘職もクラフターみたいにアディショナル制でしたから、結構一通りのアクションを集めるのも大変だったんですよ!レベルも今みたいに上がりやすくないですしね〜。

昔話ついでにSSを一枚貼っておきます。

復興途中でボロボロになっている、イディルシャイア。サベネアンビスチェを身につけたロウェナや、ゲロルトが写っている。(FF14)

昔のイディルシャイア

今でこそ立派な建物が立ち並ぶイディルシャイアですが、出来たての頃は、ボロボロの廃墟でした。このSSの場所は今では室内で綺麗に整備されていますね。そう、イディル装備とかを交換しているあそこです。ロウェナの服装も、サベネアンビスチェですね。当時の最先端ファッションだったわけです。ゲロルトは相変わらずですが。

『今日から始める!FF14新生エオルゼア!』のスタート

結構長いようで、最初の記事は2018年2月でした。記念すべき最初の記事は……自己紹介でしたね(フツー!)。

初期の頃は、特にこれからFF14を始める人に向けた記事が中心でした。略語や基本操作、どんな楽しみ方があるのか、とか。あとはエオルゼアの魅力にも力を入れていましたね!

エオルゼアライフの魅力満載の記事達♪ - 今日から始める!FF14新生エオルゼア!

その後CSSなどを使ってフォーマットを変えていったので、初期の頃の記事にはその名残があったりも。ネタ記事に「二人の生活」がありますが、これも初期のものは表情も固定だったりしてたので、地味に進化してるんですよ!

【FF14】二人の生活「ねずみ係」 - 今日から始める!FF14新生エオルゼア!

これ、毎回全部作るのは大変なので、元のフォーマットはCSSで作って、各回のセリフと表情だけ入力すればHTMLが生成されるように別途作ってあるんですよ。意外と手が込んでるでしょ?笑

 

私もFF14を始める前から、MHをはじめPやTやMなどなどオンラインゲームは色々やってはおりましたが、だいぶFF14は様子が違っていたので、わからないことだらけでした。

今思えば、他のゲームにはないFF14の最初のとっつきにくさが、何よりただのゲームの思い出で終わらない世界をつくってたんですね。

と、そんな暗中模索の中、先輩光の戦士の皆さんがつきっきりであれやこれやと世話をしてくれました。一部の先輩はちょこっと強引だったので息がつまるような部分もありましたが、それは私の性格の問題なのでともかく、先輩達にはものすごーく感謝しています。

中でもある一人の先輩はとても素敵な方で、大好きでした。今ではもう引退してしまったので言葉を交わすこともありませんが、私はその人にしてもらって嬉しかったことや、その人がいてくれたおかげで今がある、それを次の誰かに伝えていきたいんです。

そんなこんなでこのブログがスタートしました。

これまでもFCマスターとして、あるいはメンターとして初心者支援はしてきましたが、こういう形で初心者、あるいはこれから初心者になる皆さんと関われる今が、私には一番やりやすいなって思っています。

たかがゲームです。でも、ここで多くの時間を過ごして、多くの人と出会って時間を共有していくうちに、すっかりいつの間にか「たかがゲーム」という感覚は消えてしまいます。実社会での自分の人生にも、決して小さくない影響を及ぼす存在になっていくことでしょう。だからこそ、素敵な時間を過ごせるようになる人を一人でも増やしたい、そして何より、そういう人を増やしたいと思ってくれる人を増やしていきたいです。

そして数年後に、これがあったから今の自分があるなって、静かに振り返ってもらえるような存在になれたらいいな、と思っています。

初心者サポートの開始

100記事までは毎日1記事を書こうと続けてきましたが、結構続きましたね。自分でも驚きです 笑

そんな中、ちらほら希望の声もあり、6月になって、ゲーム内での初心者さんサポート企画をスタートさせました。

【FF14】ひとりだし……とFF14を始めにくい方!始めたけどどうしていいかわからない方!一緒にどうですか? - 今日から始める!FF14新生エオルゼア!

上記は最初の記事です。徐々に内容も変化しているので、複数回に渡って募集しました。2〜3名ずつ、全部で4回?5回?くらい募集してましたね♪特に初期の頃は、無料期間終了までのサポートをはっきりとうたってますが、結局想定通りの形で卒業した人は一人だけでした。居心地がいいということなのでしょうから私としては嬉しいですが、みなさん、もっと広い世界で楽しんでもいいんですよ??

 

ではこの一年で出会った、今の初心者サポートFCの主要メンバーのみなさんとの出会いを振り返ってみます♪

 初心者サポート企画での出会い

ヒューランとララフェルの二人が青空を背景に笑顔でジャンプしているところ。(FF14)

コスタデルソルにて

初心者サポートとしては2人目(1人目の方は、最初の待ち合わせの時に他のFCに強引に加入させられちゃったので結局私は何もしてません。なので、実質一人目、かな 笑)でしたが、サポート用FCとしては初めてのメンバーであり、唯一の卒業者でもあります。初期の頃はサポートには専用にララフェルでお供していました。今はもうすっかりみなさんにはララフェルの方では追いつけなくなってしまったので登場しませんが。

その後はどんな生活をしていますか?今も元気に楽しく過ごせていることを願っています♪そういうば、◯◯◯に戻ってこられたとか。私も今この記事を◯◯◯のカフェで書いていますよ!ミラプリを一緒に考えたのも良い思い出ですね!

 


ヒューランとララフェル。ハラタリ修練所にて撮影したスクリーンショット。(FF14)

ハラタリにて

サポートFC3人目のメンバーにして、現在進行形のお一人。初期の頃のダンジョンはよく二人で回っていました。新生編あたりでは二人で撮影しているSSもいっぱいあって、今回の記事を書くにあたりとても懐かしく感じました。
人数不足の時にさりげなく手伝ってくれたり、いつも感謝してます♪この記事をダラダラと書いている間に、休止に……。また元気にお会いできることを楽しみにしています!しっかり休んでくださいね!

 


ヒューランとララフェル。ヒューランは上半身裸に、下半身はタイツという怪しい姿をしている。(FF14)

出会ったその日から

この頃は試験的に他サーバーでのサポートも行なっていましたが、これは時間的に続きませんでした……。このSSは最初に出会った時のものだったかと思いますが、最初からこのカッコしているというのが何とも衝撃的でした。ちなみに現在はサーバーを動いてきてくれて、一緒に過ごしています。服装はこの頃とは違いますが、確固たる信念を感じさせる素敵な紳士であることには変わりがないようです。私は彼を、SS撮影好きの同志だと思っています。それにしても何で最初にこのカッコをしようと思ったんでしょう。
最近一緒にSS撮影しに行ったりしていませんね。でも、Twitterで素敵なSSを上げてくれるので、いつも楽しく拝見しています!このSSの頃は文字通りどこ行くのも一緒にうろうろしてて楽しかったですねぇ。

 


グリダニアの花畑にてポーズをとる二人のララフェル。(FF14)

ララフェル&ララフェル

最初の頃会話が固くって話しにくそうな感じでしたが、今ではもう別人のようです!キャラの作り直しを余儀なくされたり、ログイン障害に悩まされたり苦しい時期もありましたが、今は楽しそうで何よりです♪良き話し相手になってくれたこともあり、感謝しております。
クラフター講座を開催すると言いながら未だ実現出来ていないことを密かに気にしています。ごめんなさい。でも今更やっても、ねぇ 笑

 


ヒューランとミコッテが、夏の花火を見上げている。リムサロミンサの街にて撮影。(FF14)

夏の花火を見上げて

出会いの日のSSが見つからなかったのですが、ヒューラン族のRさん。確か最初に出会ったのは黒衣森の一角だったかな?目の前にいるのに、チャットで会話ができるまでに30分くらいかかっ…………いえ、これは秘密にしておきましょう。この頃には私はララフェルの方では追いつけず、もうほぼ完全にメインキャラが出張ってきてます。出会いは7月末くらいでした。エオルゼアは季節ごとに様々なシーズナルイベントが開催されますが、この時は夏の紅蓮祭2018の真っ盛り。この年のメインイベントは、コスタデルソルに設営された巨大なアスレチックの塔でした。夜な夜な二人で登ったりしたのも良い思い出です。現在はアウラ族として活躍されているRさんですが、そういえば、ヒューランの頃とは随分本人のキャラも変わりましたよね……笑
この撮影の後、二人乗りチョコボに一緒に乗って、初めてのコスタデルソルまでプチ旅行しましたね。この頃から今に至るまで、色々一緒に楽しもうって声をかけてくれる姿に元気をわけてもらっていたような気がします。夜な夜な話し込んで次の日大変な思いをさせたこともしばしばですが、これからも無理せず、楽しく過ごしてください♪

 


ではでは、今日のところはこの辺で♪

この記事書くのに半月以上要していることに愕然としています……。

皆様も良き一年をお過ごしください!

 

▼「続き」2018振り返りその2▼

www.mandra-queen.com

 

スクショ好きの初心者さんはご参考にどうぞ♪▼

www.mandra-queen.com

 

ミラプリを楽しみたい初心者さんは、ここから!▼

www.mandra-queen.com

 

仲の良い人と試してみてはいかがでしょうか♪▼

www.mandra-queen.com

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.