今日から始める!FF14新生エオルゼア!

FF14をこれから始める方と初心者さんのためのブログです!

【FF14】ひとりになりたい時だって、ありますよね。サーチ情報とオンラインステータスを解説♪

ジョブごと『今日から始める!FF14新生エオルゼア!第155話』

ミストの街で、一人で夕日を眺めるミコッテ。(FF14)

暑い夏、そして紅蓮祭も迫るエオルゼア、皆様いかがお過ごしでしょうか。

エオルゼアライフが充実してくると、何故か突然どこかで感じてしまう、一人になりたい衝動について取り上げていきます♪

「取り込み中」を使った一人時間の作り方ノウハウや、オンラインステータスの種類や意味、そしてサーチコメントのススメなどが主な内容です!

特にオンラインステータスの種類と意味については、一言で書けばそれで終わりですが、なるべく考え方にも言及して1つ1つ可能な限り詳しく解説しました♪

充実したエオルゼアライフ

楽しい!

エオルゼアライフにも慣れて来て、友達も増え、フリーカンパニーでも仲良くしてくれる人が増えてくると、毎日も充実していて、FF14を始めてよかったー!って改めて思いますよね♪

ある時期を境に、交友関係が突然連鎖的に拡大するってタイプの方もいるのではないでしょうか!

ルーレットやメイン、お手伝いなどで右へ左へ駆け回る日々!う〜ん、いいですねぇ。自分のことは全然進まないけど。笑

けど、ふと思う

すごく満足していて何の不満もないのに、ふと一人の時間が欲しくなっているという方も、少なくないのではないでしょうか。何ででしょうねぇ。私も以前は思ってました。10人、20人くらいの範囲なら感じにくいのですが、みんなにとってのちょっとが、まとまると自分にとってはイン時間全部になっちゃったりするからかも知れませんね〜。笑

人によっては、周囲の人数とは関係なく、自分の時間を大切にしたい人も多いのではないでしょうか。

一人の時間を「Busy」で作ろう

取り込み中(Busy)って?

私からの提案は、Busyです。これを活用してみましょう!

これは、オンラインステータスというもので(詳細は後述)、今の自分の状態を他人に見えるようにしておく機能です。

取り込み中(Busy)に設定しておくことで、Tellが来なくなります。周囲からマークも見えるので、その間はそっとしておいてくれます。

Busyのメリット

色々な状況で活用することが出来ます。

例えば、その日嫌なことがあったから、エオルゼアで一人静かにしばらく好きな場所で景色を眺めたい。今日はギャザラーに集中して必要なアイテムを集めたい。クラフターで高難度製作するから集中したい。メインを進める間はストーリーに入り込みたいから一人になりたい。

そんな時は、Busyに設定した上で、思い切ってチャット表示もオフにしてしまいましょう。ステータスがBusyの時はチャットに反応がないのが普通ですからね〜。

 

チャットの消し方は、コントローラーの中央のパッドの左右あたりを押してチャット窓を選択した後、■ボタンを押すと表示されるメニューで非表示にすることができます。初期設定の「ダイレクトチャットモード」が有効な状態ならエンターを押せば再表示できますし、再びパッドボタンを押すことでも表示できます。

 

ソロプレイしたい時間を表示するということは、裏返せばそれ以外の時は声かけ、お誘い歓迎な状態だということがわかりますから、わかっている相手には付き合いやすさに繋がりますね♪

自分の時間も大切にしたい人や、たまに一人になりたい時に活用すると便利です!オンオフがしっかりしてるって、いいですよねぇ。

Busyのデメリット

たまに、取り込み中の設定を快く思わない人もいます。言い方を変えれば、誰かが何かに取り込み中なのが不快ということなので、おかしな話ですねぇ。

現実でも必ず一人の時間はあって、必要なものですから、エオルゼアでだってあっていいと思います。交友関係が広くなると、ほんとに、日々常に多数のチャットで多数の会話をし続けるような生活ですから、それをログイン中は常時続けなくちゃいけないとしたら、それもしんどい話です。

オフの時間も、堂々と用意しましょう!

Busyの注意点

重要なのは、多用しすぎないこと。ログインするとすぐ「取り込み中」にしてそのままログアウト、のようなことを何日も続けるようなことはやめましょう。Busyの使い方の悪い例です。

どうしてもソロプレイしたい時につける、というものですから、それが頻繁だと今度は別の意味が発生してしまいます。そう、周囲からは「私は一人でFF14を遊びたいんだ」という意思表示に見えてしまうのです。

頻度を定義するのは難しいですが、連日やりたい気持ちになったとしたら、それは自分の置かれている環境が、自分に合っていないということの証明です。Busyで解決しようとせず、環境を変えましょう。

自分の置かれている環境を今一度考えてみられるように、記事をご用意していますので、もしよかったらご参考にご覧ください♪

▼参考記事です♪▼

www.mandra-queen.com

また、自分の所属が少人数のFCで、他に交遊関係もないようなら、Busyではなく、なるべくちょっとした会話で済ませた方が良い関係が築けると思います。「しばらく集中してギャザって来ますね」とか伝えておけば、長々世間話をしてくる人はいないでしょうしね〜。用事じゃなくて、どうしても一人で過ごしたい時などには、「今日は、しばらく離席しながらでチャットも見られないので、取り込み中にしてちょこちょこやってます」とでも言っておけば十分です。あんまり会話をしたい気分でもない日、でしょうから。

 

どちらにしても、多数のフレンドさんやLS関係メンバーへのアピールくらいのつもりにしておいて、FCメンバーに対してはBusyではなく会話で伝えるのが、一番かもしれませんね♪

 

多数のFCメンバーの中にいて、「いちいちそんなこと言わなくても、誰も私のことなんか気にしてないよ」なーんて、ちょっと伏し目がちに思ってしまうとしたら、FC移籍も考えてみては?それくらいの付き合い方なら、目的に合わせたLSに所属する方がよっぽど気楽で有意義だと思いますよ!特定コンテンツやルレに誘い合うだけのLSだって、探せば見つかるはずです♪自分で作ってもいいですね!

Busyの上手な使い方

一番身近な人には一言伝えよう

一番身近な人といえば、FCメンバーですね!大人な読者さんなら、普段からログインしたら「こんばんはー」とか落ちる時は「おやすみー」とか、「ちょっと離席〜」とかそういう会話は普通にしてるでしょ?それと同じ感覚でいいと思います。

「しばらくビジーで集中ギャザって来ます!」とか「取り込み中にしてメインやって来ます!」とか。理由が言いにくい時は「今日はちょっと取り込み中で過ごすね」でもいいと思います。事情がわかっていれば、拒絶されているようには誰も感じませんからね〜。

 

普通のフレンドさんとかまで伝える必要はないと思います。それをしなくて済むためのBusyですから。LSは、少人数のLSなら言った方が感じがいい場合もありますが、まぁ、FCよりは一歩遠いメンバーですから、そこまで神経質にならなくて大丈夫です。相手もそうだと思いますしね〜。

 

サーチコメントを設定しよう

「取り込み中」って単純に出されても、どういう意味で使っているのかは他人にはわかりません。なので、サーチコメントというコメント欄を使って、一言書いておくとよりいいですね!

例えば「Busy中は、のんびりソロプレイ中です♪」とか「ソロプレイ中はBusyにしてます!それ以外の時はルレなどなど、声掛けてください!」

のように書いておいて、Busy機能を活用すれば、自分も周りも気持ちよく過ごすことが出来ますね!

 

え、相手が見てなかったらどうするかって?大切な相手なら直接話しておけばいいですし、自分がそれほどでもないと思っている上に、相手もこちらにそれほど興味を持っていないとしたら、まぁ、それはそれで、いいじゃないですか!私もそうですが、相手の気持ちに配慮しようとしすぎるのが、気が重くなってしまう人のちょっと悩ましい癖だと思いますよ!

活用してみよう、オンラインステータス

さてさて、皆さんはオンラインステータスを変更したことはありますか?知ってはいるけど、触ったことはない初心者さんが多いかも知れませんね〜。まずは機能の説明からして行きましょう。

設定方法

オンラインステータスを編集するために、自分を選択しているところ。(FF14)

十時キー上下で自分を選択

まずは自分を選択します。すでにご存知の通り、パーティメンバーの選択は十時キーの上下でしたね。一人の時もソロパーティという扱いなので、操作は同じです。

なんかすっごい天気悪いですねぇ……。

 

キャラクター選択後、メニューを表示した状態。(FF14)

■ボタンでメニューを表示

ボタン配置や名称が統一されているため、PS4でのボタン操作でご紹介していますので、PCの方は各々のボタン設定でやってみてくださいね♪

自分を選択した状態で■ボタンのメニューを開くと、「サーチ情報の編集」というものがあります。それを開くと、他人からも見ることができる、自分のサーチ情報が表示されます。

 

他の人のサーチ情報が見たい場合は、一緒にいるなら同様に選択して。そうでない場合は、フレンドリストやFCメンバーリストなどから同じように見ることが出来ます。

わざわざ編集している人は、見せるために編集してますから、仲のいい人のサーチ情報くらいは一度見てみるといいかも知れませんね♪意外な発見があるかも?!

さて、今回の目的はオンラインステータスなので、そこに注目しましょう。

 

自分のサーチ情報を表示した時に表示されるオンラインステータス。初心者はデフォルトで「ビギナー」になっている。(FF14)

オンラインステータス「ビギナー」

ここです。初心者さんは、「ビギナー」というステータスにデフォルトでなっています。よく初心者さんの名前に表示されている「若葉」はこの設定によるものです。

これ、ビギナーさんでも、消すことも出来るんですよ?知ってました?わざわざ消すメリットはありませんが、ビギナーではない人は、なるべく消すようにすると、長期的には本当にビギナーの人のためになるとは思います。まぁ、リログインしたりすると戻っちゃうので現実的にはそのままですけどね〜。

 

サーチ情報で選ぶことができる、オンラインステータスの一覧。(FF14)

オンラインステータス色々1

選べるオンラインステータスの種類を確認することができる。(FF14)

オンラインステータス色々2

選べるオンラインステータスの種類は、2018年8月現在では

  • オンライン
  • ビギナー
  • 取り込み中(Busy)
  • 離席
  • マテリア装着請負中
  • ロールプレイ中
  • パーティ希望
  • メンターマーク

この辺りです。特殊なのは他にもある人いるかな?同じキャラでFF14に復帰したリターナー、と呼ばれる方であれば、ビギナーマークの代わりに、お花のリターナーマークが選択出来るようになっていると思います。

オンラインステータスの種類と意味

オンラインマークとは

サーチ情報にある、オンラインステータスの「オンライン」マーク。(FF14)

オンラインマーク

これは、要するに通常状態です。普通にプレイしている、ビギナーでもリターナーでもない人は基本これです。ビギナーやリターナーであっても、これに手動で変更することが出来ます。

 

ビギナーマークとは

サーチ情報にある、オンラインステータスの「ビギナー」マーク。(FF14)

ビギナーマーク

ご存知ビギナーマークです。でも何がどうだとビギナーなのか、ちょっとわかりにくいですよね。

170時間弱(多分168時間未満)のプレイ時間と、メインクエストがトリガーです。

 

時間はプレイ利用権の時間ではなくて、実際のログインしているプレイ時間なので、長時間放置とかをしている人以外は、本当に自分が画面の前に座ってプレイをしていた時間ということです。自分のプレイ時間に興味がある方は、チャットに /ptime と入力して見てください。なんというか、おぅ……って気分になると思います。

 

メインクエストについては、長らく新生編のクエストでしたが、現在は蒼天編の終了までになっているようですね〜。当時は新生編クリアでもう完全にベテラン勢だったのに、今やさらにはるか先のイシュガルドまでクリアしないとビギナー扱いということですね〜。当時そこまでやった人と、今の環境でそこまでやった人ではPS的な成長は大きく異なるはずなので、これは妥当な変更なのかも知れませんねぇ。

 

当時の面白さや難しさを味わうためには、下限でのID攻略をお勧めします!正直、すっごい楽しいです。出来ることなら全部それでやりたいですもん。レベルや装備でのごまかしは効かないので、本来の楽しさを味わいつつ、プレイヤースキルを磨くことが出来ます。とはいえ、未予習初見でもどんどん行けるくらいの今の難易度に多くのニーズがあるわけなので、あんまり流行らない楽しみ方なのかもしれませんね……。いつか機会があったら特集しますね♪

 

取り込み中(Busy)マークとは

サーチ情報にある、オンラインステータスの「取り込み中(Busy)」マーク。(FF14)

取り込み中(Busy)マーク

取り込み中マークは前述の通り、ちょっと一人で過ごしてるよ!という意味です。このマークをつけているフレンドさんのことは、そっとしておきましょう。

自分が使う人は、消し忘れにはご注意くださいね!面倒だからいつもそのままプレイしている、というのは、出来ればちょっと避けた方がいいことかも知れませんね〜。

 

イメージですが、みんなでお酒を飲んでいる席で、一時的に仲のいい人と話し込んで取り込み中なことは当たり前にあることですし、それが楽しかったりもしますよね!でも、ずっと特定の人と話しているだけだったり、誰の話にも乗らず一人で飲んでいる人もたまにいますよね。誰だってそんな時があっていいと思いますが、毎回、最初から最後までそうだったらどうでしょうか。周りからは、飲み会参加してる意味ある?って思えてしまいますから、蚊帳の外の人からはだんだん誘われなくなって来てしまいますよね!

 

それはいかんなって思うなら、本当に一人でやりたい時以外はこまめにオフにしましょう。それでも構わない人は、せっかくならそのどうでもいいメンバーの枠からは抜けて、ソロ、あるいは自分が本当に一緒に楽しみたい人と関わり易いような環境にシフトしてみると、もっと晴れ晴れ楽しめるかも知れませんね♪

 

離席マークとは

サーチ情報にある、オンラインステータスの「離席」マーク。(FF14)

離席マーク

任意で離席状態にすることも出来ますし、初期設定のままでも一定時間操作がないと離席状態に切り替わります。また、離席状態ではハードの負担をおさえるためにリフレッシュレートを低くすることも出来るので、覚えておきましょう。

ちなみに、チャットに /away と入力することでも離席状態にできます。

 

MMO系の経験がある人には説明不要ですが、初めてゲームをやる方も想定している攻略サイトなので、説明をしておきます。

 

これは、ログインしているけど、中の人は画面を見ていない状態だよ、という意味になります。まさに離席ですね。「キーボードから離れている」ということから「Away From Keyboad」の略として「AFK」と呼ばれることもあります。「あfk」なんて言っている人がいたらそういう意味ですね!最近はあまり目にしませんが。

トイレにちょっと行くぐらいの短時間の場合は使われないことがほとんどです。5分から1時間くらいの離席に使われることが多いですが、寝落ちでずっと離席になっていたりすることも。ただし、寝落ちで壁に向かってずっと走っている人は、自動で離席にはならず、走る屍になっています。時間帯で察しましょう。

手動で設定しても、その後ちょっとでも触ると解除されちゃうので、ご注意。

 

離席状態にする一番のメリットは、知らない間に誰かを無視してしまっている危険を回避出来ることです。正確にいうと、相手が知らずに話しかけてしまったとしても、「あ、離席だから反応がないんだな」とわかってくれます。これがないと「あれ、離席かな?まさか、無視されてるのかな。いや、それとも何か悪いこと言ったろうか……。うーん、深読みはよそう、多分離席だ。」なーんて思わせてしまう恐れも。

 

その辺りが気になる方は、離席状態以外でも見逃してしまっていることも少なくない、会話をしっかり拾える方法を別の記事にまとめてありますので、ご活用ください!

▼周囲を大切に思う優しい初心者さんへ!▼

www.mandra-queen.com

 

マテリア装着請負中マークとは

サーチ情報にある、オンラインステータスの「マテリア装着請負中」マーク。(FF14)

マテリア装着請負中マーク

マテリア装着というのはプレイヤーは、クラフターをやっている人しか出来ません。マーケットなどにいるマテリア師に依頼することも出来ますが「禁断装着」は依頼することが出来ません。

その辺りのことは別途記事にまとめてあるので、ご参考に!

▼初めてのマテリア装着と、マテリアに関する知識あれこれ▼ 

www.mandra-queen.com

そんなわけで、マテリア装着やってあげるからいつでもどうぞー!という親切な人がやってくれているのが、このマテリア装着請負中です。そんな感じで活動している人はほとんど見ませんが、一定数の需要はあるはずです。

少なくともこのマークを掲げている人は、ある程度初心者フレンドリーなことが予想されるので、声を掛けてみるのもいいかもしれませんね!

とはいえ、あんまり手当たり次第にフレンドリーに声を掛けて回ると、あとで後悔することもあるかもしれません。そこはお気をつけを!いろいろな人がいますからね!

 

ロールプレイ中マークとは

サーチ情報にある、オンラインステータスの「ロールプレイ」マーク。(FF14)

ロールプレイ中マーク

ロールプレイ中とは、いわゆる、なりきりプレイ中、を一般的には表しています。例えばNPCと同じ姿に幻想して、そのキャラになりきってコミュニケーションしている、なんてのはわかり易い例ですね。各サーバーで一人二人はオルシュファンがいるはずです。

さて、このロールプレイというのはNPCに限ったことではりません。なりきりというより、エオルゼアの住人になってプレイする、と言ったスタイルを広義にさしています。

 

例えば私がたまに書いているショートストーリーに出てくるアキナ。あれをそのままゲーム内でやっていればロールプレイと言えますね!ずっとは結構きついですが。

www.mandra-queen.com

エオルゼアの世界観を大切にしてコミュニケーションをする感じになるので、好きな人はそれで1つのコミュニティになっている場合も。

 

自キャラの設定に沿った会話しかしないことになるので、通常のコミュニケーションはちょっと困難なのが特徴でもあります。例えば、一匹狼クール系キャラだったら、誰かをルレにも誘えませんからねぇ。「俺は興味はないが、お前がルレに行くと言うなら手を貸してやる」なんて突然Tellして来られたら、もはやクールキャラではなくて、ツンデレキャラです。

 

そんなわけで、今はロールプレイ中だよって言うオンオフが欲しいわけですね〜。そこで使うのがロールプレイマーク、と言うわけです。

海外では結構一般的だそうですが、日本ではあまり見かけませんね!

 

私も、あまりゲーム内ではリアルの話をしたりはしませんので(FCメンバー除く……。世界観壊してたらごめんなさい。気をつけよ……。)そう言う意味では、プチロールプレイとも言えるのかもしれませんが、自キャラを演じているわけではなく、自分の素で会話をしているだけなので、やっぱりちょっと違うでしょうねぇ。

 

でも、もっと突っ込めば、演じていない人なんて存在しないと思うので、実は常にロールプレイだとも言えるかもしれませんね。会社では出来る先輩を演じていたり、恋人の前では優しい男や、可愛い女を演じていたり、両親の前では真面目な自分を演じたり。でも実は結構だらしなかったり、失敗も多かったり、全然真面目じゃなかったり。お気楽キャラを演じているけど、実は裏で傷ついてたり、ね。

リアルでは逆に、ロールプレイ中じゃないことを表すマークがあったほうが、効率的なくらいかもしれませんね〜。

 

リアルもエオルゼアも、所属しているその時のコミュニティによって、どうしても人は多かれ少なかれ、何かしらを演じている、ということですね。

うんうん。オンラインステータス、全然関係ないですね。激しく脱線しました。話を戻しましょう!

 

パーティ希望マークとは

サーチ情報にある、オンラインステータスの「パーティ希望」マーク。(FF14)

パーティ希望マーク

パーティ希望マークとは、私はこんなジョブでパーティに参加できますよーと言うことをアピールすることが出来る機能です。例えばレベル70のモンクを探している人がいたら、レベル70のモンクでパーティ希望を出している人を見つけやすくなるわけです!

 

見つけやすくなる、と言っても、やらないよりは見つけやすくなるかもしれませんが、効果のほどを議論できるだけのパーティ募集マーク経験が私にはありませんので不明です。システム上はその通りでも、普通は募集したい人はパーティ募集を立てるので、一人ずつ探したりはしないんじゃないかなぁ。

 

じゃぁ、無意味かと言うとどうでしょう。

フレンド間などではIDに足りないメンバーを探している時なんかは誘われやすくなると思います。○○行きたいけど、後一人誰かヒーラーいないかなぁ、なんてフレンドリストを開くことはよくありますね。そんな時にヒーラーでパーティ希望ステータスにしている人がいたら、私なら真っ先に声をかけます。だって、喜んできてくれそうなのがわかりますもん。

そんなことが続いたらどうでしょう。その相手とはエアーフレンドではなく、しっかりと付き合いのあるフレンドになって行くことは間違いなさそうじゃないですか?

1つのコミュニケーションのきっかけになるツールとして、これを活用して見るのは大いに有効だと私は感じます。誰だって、参加したいと思ってくれている人を誘いたいじゃないですか♪

 

メンターマークとは

サーチ情報にある、オンラインステータスの「メンター」マーク。(FF14)

メンターマーク

サーチ情報にある、オンラインステータスの「バトルメンター」マーク。(FF14)

バトルメンターマーク

サーチ情報にある、オンラインステータスの「製作採集メンター」マーク。(FF14)

製作採集メンターマーク

サーチ情報にある、オンラインステータスの「PvPメンター」マーク。(FF14)

PvPメンターマーク

王冠のついた各種マークは、このメンターマークです。一応ジャンル別に分かれています。初心者さんには付きません。

それなり難易度の一定条件を満たすことで、メンターという資格が得られます。このメンターシステムは2016年2月に「初心者を指導することの出来る熟練冒険者の証」として実装されました。

 

私は実装後の第1期と言えるタイミングでメンターとなって、メンター活動を続けていました。

 

具体的には、ビギナーチャットというビギナーだけが参加できる専用のチャットに、指導者としてログインして手助けをしたり、ビギナーと一緒にIDに行くと、ビギナーさんはもらえる経験値がアップしたりと意外と気合いの入ったシステムです。

本当にごくごく初期は良い感じで回るシステムになっていると感じていましたが、少し落ち着いてメンターの人数が増えてきたあたりで方向が少し変わって来たのが記憶に新しいところです。

 

本来、それ相応の人格と経験をもつ人が「結果」メンターとなるはずですが、メンターに「なるために」解放条件を満たす人が増えてくるのも当然のことです。公式に認定された、ビギナー指導者、という位置づけですから、どういうメンターが増えてくるかは想像に難くないと思います。

初心者さんのためのメンターのはずが、メンターという「称号」になっちゃうんですよね。

また、ビギナーさんの中にもかなり幅があることは初心者さんご自身で実感されていると思います。したがって、ビギナーチャット内では、メンター、プロビギナー(笑)、ビギナーが入り混じって会話をすることになりますね。そこでどんな構造が生まれ、どんな会話が展開されて行くかは何と無くイメージが出来ますよね。

 

結局私はしばらくしてメンター活動はやめました。メンターマークを出すこともやめました。内心穏やかでいられなかったので、ビギナーチャットの表示もやめちゃいました。そんな人は実はすごく多かったんです。

そんな渦中でもメンターマークを掲げ続けて活動している方ももちろんたくさんいました。中には本気で初心者さんのために、メンターとしての役割を果たし続けていた人も大勢いるはずです。そして現在、掲げる人も少なくなっているメンターマークですが、どのようなタイプのメンターさんが今でも活動をされているのかは私は知りません。

今ではしっかりとしたメンターさんが、初心者さんのために日々切磋琢磨していると信じています。

 

ここで誤解のないように書いておきますが、メンターというのは、IDで上手い人や、DPSが高い人を指すものではありません。例えば、スポーツだって、最高のプレイヤーが、最高の監督やコーチかというと、そこはイコールじゃないですよね。指導者には、指導者たる素質があって、言動があります。本人がどんなに上手くても、生徒にそれを伝える能力がない人には務まりませんしね。

メンターは監督やコーチのようにそこまで高尚なものではありませんが、教えるのが上手い人だったり、基本をしっかり説明してしっかり付き合ってくれる人だったり、ビギナーにとっての難しさを共感したりフォローしてくれる人のことです。要は、よき相談役になってくれる人ですね!

ビギナーさんは、そういった部分でメンターを頼っていけると、良い関係が築けると思います。

逆にメンター側は、如何に自分がデキる人間かを演じてみせたり、知識の豊富さをアピールするよりも、どうしたらビギナーさんに、もっとエオルゼアを楽しんでもらえるだろうか、ということを考えられる人こそ、積極的になってみて欲しいシステムですね!なんでもかんでも、プレゼントすりゃ喜ぶだろ、みたいなのも相手を選んで、やりすぎに注意しましょう。

 

余談ですが、初心者さんは、熟練プレイヤーとビギナーでは金銭感覚が何桁も違うので、数10万ギルくらいのギフトなら、全く遠慮する必要もありません。喜びを伝えれば十分なので、恩返しなど難しく考えず、値段も知らないふりをしましょう!100万ギル単位のものになると、自分の中でその恩義に今後も縛られる恐れがあるので、遠慮するのもありだと思います。そんな「パパ」はあまりいないかもしれませんが 笑

サーチコメント

サーチコメントを活用してみよう

自分のサーチ情報の下に表示されている、サーチコメント欄。せっかくなのでこれを活用してみましょう。

実用としては、前述の「取り込み中(Busy)」状態についてのコメントや、

「ルレお誘いいつでも大歓迎です!」

「黒レベリング中です。一緒にレベリングしてくれる近いレベルの方募集中です!」

「ログイン時間は主に平日は22時から1時間くらい。休日はほぼ終日やってます。」

「○○から始めた初心者です!わからずご迷惑おかけしたらごめんなさい!」

「友達とやっているので、フレ登録はごめんなさい!」

「初心者歓迎なFC探してます!」

「一人でやりたいのでFC勧誘はすみません。」

「キーボードがないのでほとんど会話出来ません。」

などなど、いろいろなものが思いつくと思います。自分についてのオープンにしておきたい情報をなんでも書き込んでおくといいと思います!

それ以外にも、ネタ系コメントを入れている人もいますから、人のサーチコメントを見てみるのも結構面白いですよ♪

編集後は「OKボタン」を押すのを忘れすに!

サーチコメントの実例

では、この話題に名乗りをあげてくれた皆様からお寄せいただいた「自分はこんなサーチコメント使ってるよ〜」というお声の中から、いくつかサーチコメントの例を紹介しておきましょう。

シドの自己紹介。(FF14)

サーチコメント例1

教会勤務のMさんのサーチコメントです。とてもストレートなサーチコメントで、わかりやすいですね!自分の名前の読み方がわかりにくい時などに大活躍なサーチコメントと言えます。


ネロのセリフ。(FF14)

サーチコメント例2

帝国在住の、「草刈り大好き」さんから寄せられたサーチコメントです。サーチコメントを見た相手に対してあえて質問で対応するという、少々斬新なサーチコメントです。ここから、アラミゴ生まれであるなどのちょっとした会話をきっかけに交友関係が広がることもあるかもしれませんね!ただし、草だ草だと連呼するのはやめましょう。勘違いだった場合、相手に大変失礼です。「草」という言葉に「こんばんは」という意味もありませんので注意しましょう!


ウィダルゲルトのセリフ。(FF14)

サーチコメント例3

僧侶をしている「上着譲ります」さんから寄せられたサーチコメントです。非常に丁寧でわかりやすく、いいですね!「上着譲ります」さんはこのコメントをマクロにして、ダンジョンでの挨拶にも活用しているそうですよ!ポイントは、中ボスを倒したあたりで使うことなのだとか。


モモディのセリフ。(FF14)

サーチコメント例4

飲食店経営の「人生相談お断り」さんから寄せられたサーチコメントです。ピシッとした牽制球に、チャラッテも真っ青なサーチコメントですね!様々な勧誘を断る時もこう撃退しているのだそうです!ガードの硬さが魅力かもしれませんね♪


 

以上、本日は、一人になりたいときに活用できる、オンラインステータス「取り込み中(Busy)」の紹介と使い方、そしてサーチ情報編集についての様々な知識をご紹介しました♪

それではまた次回の記事でお会いしましょう!

 

 

▼FF14初心者むけ攻略記事のまとめです♪記事探しはこちらからどうぞ!▼

www.mandra-queen.com

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.