今日から始める!FF14新生エオルゼア!

FF14をこれから始める方と初心者さんのためのブログです!

【FF14】ハウジング入門!通常街と拡張街でそんなに差があるの!?

『今日から始める!FF14新生エオルゼア!第67話』

ハウジングエリア「ミストヴィレッジ」の街並み。青空と白い建築物の調和が綺麗。(FF14)

こんにちは♪

今日は久しぶりにハウジングのお話の更新です!

前回までに、ハウジングってどんなものなのか、ハウジングエリアってどんな場所なのかをお話ししました。覚えていますか?そう、海の街ミストと、森の街ラベンダーと、高台の街ゴブレットです。

 

今日は、いよいよ土地選びに話を進めましょう!通常街を選びがちな初ハウジングですが、ちょっと待った!二つの違いを吟味した上での選択ですか?

価格としては安くても100万ギル。高ければ5000万ギル以上の買い物ですから、後悔しないように選びたいですよね!

 

どちらがお好みですか?

皆さんは、通常街と拡張街だったら、どちらがいいですか?「うーん、やっぱり付け足し感のある拡張街より、通常街優先って感じかな〜」という感じか、もしかしたら同じじゃないの??って感じかもしれませんね。この二つ、実は意外と差があるんです。今日は、土地選びの第一歩として、通常街と拡張街の違いをしっかり確認しておきましょう!それを知った上で通常街を選ぶにしても、なんとなく選ぶより最終的な満足度は格段に上がります!

 

そもそも拡張街って何?

2014年10月に実装されたパッチ2.4で実装されたのが、この拡張街。ハウジングエリアの土地は、一つのサーバー内で固定です。全冒険者が所有できる程はないのです。もともとは現在のようにたくさんの街区がなかったため、さらにハウジングを出来るプレイヤーは限定的でした。しかし、この拡張街が実装されたことにより、土地の数が一気に2倍に増えたことで、多くの人が新たにハウジングを始めることが出来るようになりました。

 

しかし、特に実装当初は、もともと通常街に住んでいた人から見れば、おまけの拡張街のイメージが強く、通常街の方が価値があるというイメージが根底に根付いていたため、拡張街はかなり不人気でした。拡張街には価値なし!なんてちょっと過激な意見も見られました。知識がなければ、ついついそういう声に判断を委ねてしまいがちですよね。とはいえ、知りもしないうちに優劣をつけてしまうことが得策ではないこと。大人なみなさんであれば、気がついているはず。以降の項目で、その差を確認してみましょう!

 

マップを確認してみよう

街の向き

今回はリムサにあるミストヴィレッジを例に見ていきましょう。
街の構造は同じです。しかし、方角が違うんです。ふーん。ですかね。
一度FF14のハウジングからは離れて、リアルの家選びを考えてみると、朝日、夕日はもちろん、向いてる方角によって日中の日の角度が違うので、家の使い勝手や、庭の雰囲気なども全然変わってきてしまうはずです。FF14のハウジングにおいても、近しいことが起きます。ですから、けっこうバカに出来ません。

ハウジングエリア「ミストヴィレッジ」の通常街のマップ(FF14)

ミストヴィレッジ通常街のマップ

ハウジングエリア「ミストヴィレッジ」の拡張街のマップ(FF14)

ミストヴィレッジ拡張街のマップ

マップの表記

他の違いを見てみると、[拡張街]ミストビーチ、[拡張街]シーゲイズ商通り、など拡張街の方はいたるところに「拡張街」の文字があります。エーテライトにも全て付いています。これは、基本的に拡張街のマイナス要素かもしれませんね。これのせいで、なんとなく格下感が漂ってしまいます。

 

番地の付け方

土地の番号を見ていくと、通常街が1から30なのに対し、拡張街では31から60になっています。これがマイナス要素になるかというと、私は全然そうは思いません。1番が1番いい〜!と無邪気に笑える年齢でもなくなってしまったからかもしれませんね…… orz

 

単純にどちらが良いとは言えないワケ

さて、システム上わかりやすい違いがわかったところで、じゃぁそれがどう影響するのか、ということをもう少し詳しくみていきましょう。私が一番に挙げたいのが夕日です。ミストヴィレッジにおいては特に重要な要素です!

ハウジングエリア「ミストヴィレッジ」通常街30番地からの夕日。正面に美しい夕日が見える。(FF14)

通常街30番地からの夕日

ハウジングエリア「ミストヴィレッジ」拡張街60番地からの夕日。夕日の位置が悪く、全然見えない。(FF14)

拡張街60番地からの夕日

どうですか?通常街では正面に見えていた見事な夕日が、拡張街になるとどこへやら……。もし30番地(=拡張街60番地)周辺にハウスを建てるとしたら、私なら通常街を選びます!通常街のスクリーンショットから左に90度ターンして撮影したのが拡張街の方です。それじゃぁ、別の場所だったらどうでしょう。

ハウジングエリア「ミストヴィレッジ」拡張街の海辺の家からの夕日。正面ではないものの、きれいな夕日が楽しめる。(FF14)

拡張街の海辺の家からの夕日

49, 50, 51番地(=通常街19, 20, 21番地)辺りからの夕日です。この辺りのハウスなら、通常街でも、上記のような拡張街でもきれいな夕日が楽しめます。この辺は好みですが、どちらかというと、正面に近くなる拡張街の方が好印象ですね!

ハウジングエリア「ミストヴィレッジ」拡張街35番地付近からの夕日。ほぼ正面に夕日が見える絶景。(FF14)

拡張街35番地付近からの夕日

通常街で言うところの5番地付近からの夕日です。庭から海に向かって正面に夕日が沈む絶景です!これがもし通常街での夕日だと、もっとずっと右のほうに沈むことになります。もし私が5番地側にハウスを買うとしたら、全力で拡張街を選びます。

いかがでしたか?夕日一つとっても、単純に通常街の方がいい、拡張街は良くないとは言い切れないことがお分りいただけると思います。自分が住みたい土地が決まったら、その土地の位置に合わせて、通常街を選ぶか、拡張街を選ぶかを選択するという順番が最適です。

 

日当たりにも差が出る!

これは特に見落としがちです。光の角度が違うということは、影ができる方向も違います。したがって、周辺環境によっては影が多くなったり、逆に長時間前面に日が当たった明るい土地になったりします。具体例を見てみましょう。今回は森の都グリダニアのとあるSサイズの土地です。

ハウジングエリア「ラベンダーベッド」通常街の日当たり。影が多く、少し暗い印象。(FF14)

通常街の日当たり

ハウジングエリア「ラベンダーベッド」拡張街の日当たり。影がなく、土地全体が明るい印象。(FF14)

拡張街の日当たり

いかがでしょうか。どちらもほぼ同じ時間です。通常街は左側、敷地内と下の川に暗い影が広がっています。それに対して拡張街では、右の橋と左手前の川に影がありますが、敷地内にはほぼ影がなく、川も広範囲に日が当たっています。

 

もちろんどちらが好みかは人それぞれだと思いますが、私は概ね拡張街の方が好みです。立地自体は同じで、巨大な滝を独り占めできる素敵な場所です。通常街も拡張街も空いていて、時間を変えたりしながらウロウロ比較検討したのですが、すごく気持ちのいい場所だったのでやっぱり拡張街を先日買いました。

 

グリダニアは周辺に大きな樹が多いので、こうした影の出来方は、事前によく検討するべきです。今回は拡張街のほうが好印象でしたが、もちろん逆の場所もあるはずです。ミストのビーチ方面ほどにはメインの場所が決まっているわけではないので、土地選びの自由度は高いですが、日当たりには気を配りましょう♪

 

まとめ

通常街と拡張街では方角の差があるというのことは、ご存知の方も多かったと思います。ですが、その事実を知った上で、実際に番地による夕日の見え方や、先ほどのラベンダーのような日当たりの差を、通常と拡張を行ったり来たりしながら撮影検証する機会はあまりなかったのではないでしょうか。

 

そう、こんなに差があるんです。そして、どちらのほうがいいよ!なんて単純に言えないことがお分かりいただけたと思います。ここに挙げた要素はおそらくほんの一部です。ですから、買いたい土地を決めたら、通常街と拡張街をいくつかの時間で行ったり来たりして、特徴を把握することをオススメします!

 

  • 単純に通常が良い、拡張が良い、とは言えない!
  • 番地によってベストなチョイスが異なるので、番地に合わせて通常・拡張を選ぶ!
  • 何を重視するかによっても選択が変わる。同じ場所の土地の通常・拡張は両方とも複数の時間において比較検討する!

 

こんなところが今回のポイントです♪

それではみなさん、よいハウジングライフを♪

あ、ハウジングライフを始める前に、以下の自動撤去についてだけは、事前に勉強しておいてください!重要です!

【FF14】初めてのハウジング!自動撤去って何!?条件は?! - 今日から始める!FF14新生エオルゼア!

 

次回は具体的にオススメの番地などの話が出来ればと思っています♪

 

ハウジング関連の記事は下記のカテゴリページからご覧ください♪


ミラプリ入門や、オススメコーデなどのミラプリ関連記事は以下のページからどうぞ♪


エオルゼアライフを快適過ごす基本とも言えるマクロ。そのマクロの入門や実際の使い方の記事もご用意しております♪

www.mandra-queen.com

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.